アウターレッグとFキャリパーのブラックアウト

汚物除去作業の果てに…

被害嫌がらせによって謎の汚物をぶっかけられたS3、何十時間も掛かって最低限の掃除をして車検は通したものの、こびりついている汚れは車体全体に及んでいて、まだまだキレイにできていません。

被害_03シートに至ってはレザーに完全に染み込んでしまっていて、メラミンやクリーナーを使用しても全く効果がありません。
車検時にはストックのナローシートに交換して走ったのですが、やっぱりナローシートは全くイケてないので、愛用しているワイドシートに戻さねば…。

被害_02今日はフロント周りの汚物除去作業に取り掛かりました。

まず、から手を付け始めたのですが、フォークの内側やに至ってはフロントフェンダーを外す必要があり、フロントフェンダーを外すにはフロントホイールを外さなきゃダメで、 ホイールを外すためにはを外さなきゃダメで…。
あ、ブレーキパッドがめっちゃ減ってる…。

アウターレッグにこびりついている汚物の除去は非常に手間取りました。
この年代のBuellのアウターレッグはWP製なのですが、鋳造の砂肌のままなので砂目の中に入り込んでいる汚れがなかなか除去できませんでした。

ワイヤーブラシやサンドペーパーを使って砂肌をある程度削ってしまう覚悟で挑みました。
もともと、アウターレッグのアルミの白錆が気にもなっていたし、ノーマル状態のキャリパーステーの側面なんかめっちゃ雑な仕上げなので、この機会にとざっと磨きました。

バフがけするほど磨かずに、白錆の防止やブレーキパッドカスが砂目に入り込んで汚れるのを防ぐため、塗装しちゃう事にしました。

99y-swingarm_02_mのリアサスに合わせてスイングアームとプーリーを黒く塗っているので、アウターレッグもコーディネイトして黒くしようと思います。

左の写真はアウターレッグ塗装前です。

アウターレッグの塗装

カラーアルミスプレーホームセンターで門扉などに使用するアルミ用の塗料を買ってきて吹き付けました。

どうせ跳ね石などで傷が付くだろうから、サッとタッチアップできるようにクリアーコートも無しにしておきます。
 

フロントキャリパーの塗装

耐熱ペイント ブラックで、こうなってくるとフロントキャリパーもブラックアウトしない事にはコーディネートできません。
実はフロントキャリパーのブラックアウトはかなり前から考えていたので、耐熱塗料も購入済みでした。
今こそ日の目を見る時!ってか見せる時。

こちらも適当に塗っちゃいました。
これ、つや消しじゃん。
まあいいけどさ。

完了~

アウターレッグ&キャリパーのブラックアウト仕上がりはこんな感じです。 

アウターレッグがツヤ有りなのでキャリパーもツヤ有りの方がバランス取れるかなあ。

ただ、キャリパーに使用した耐熱ペイント、全然ダメです。
焼き入れすればいいのかもしれませんが、ホットガンでキンキンに炙ってみたけどまったく塗料が定着しません。

一段落したら別の塗料で塗り替える予定です。

フロントフォークとフロントフェンダーの汚物除去作業も終了しました。
大まかに汚れを擦り落とした後更に7時間掛かりました。

汚物をメラミンで擦り取るしかなかったフェンダーの表面は細かい傷が全面に入ってしまったので、コンパウンドで磨かなきゃいけないところなのですが、今回は傷消し効果のあるコーティング剤を塗り込んでみました。
行程を手抜きした分、オービタルサンダーをポリッシャー替わりにして入念に磨き上げました。
要した時間の割には光沢が戻りました。 

フェンダーのサイドリフレクターは、ベースの裏側にまで汚物が進入してしまい、細かい凹凸の間に詰まった汚れが除去できなかったので装着を諦めました。
日本の法律では必須ではないのでいいのですが、取り付け用に長方形に凹んでいるのがちょっと気になります。 

ああ、まだまだ汚物除去作業は中間地点と言ったところでしょうか…。 

Similar Posts:


2 Comments

  1. avatar
    ゆれまる 1月 4, 2012 10:04 pm  返信

    アウターレッグ塗装カッコいいです!パクらせて頂きます~w

     

    • avatar
      Go-1 1月 5, 2012 7:19 am  返信

      門扉用のスプレーですが、かなり塗膜はヨワヨワでした^^;
      オレの場合今回は時間が無かったので手抜きしましたが、
      どうせ塗るならアルミ用のプライマー吹いて、自動車用のラッカーがイイと思いますです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です