エアフィルター交換(K&N)

定番のK&Nエアフィルターに交換

K&Nエアフィルター雷電一世号でも採用していたK&Nエアフィルターに交換しました。

今回はK&N以外の選択肢としてDNAも検討したのですが、XL系の国内在庫なしと振られてしまいました。

実はK&Nエアフィルターも国内在庫なしのダブルパンチでムカッと来ていたのですが(笑)、トータルで国内販売価格よりも安かったこともあってアメリカから取り寄せました。

XL系のK&Nエアフィルターの製品ナンバーは【BU-1297】です。

K&Nエアフィルター今回利用したのはParts Online Shop(パーツオンラインショップ)
送料がもったいないので、2個注文してマイミクさんと割り勘にしました。ちょうど円高還元セール中ってこともあって、送料込みで¥6,870-/1個なり(ちなみに11年前はアメリカから取り寄せても¥8,000掛かりました)。
注文からちょうど1週間で届きました。

箱を開けると見慣れたえんじ色のフィルターとロゴステッカーが2枚(K&Nの部分が白と黒の2パターン)、このフィルターは捨てないでねステッカー、保証カードが入っていました。

K&Nエアフィルター Rechargerさて、組み付けは純正エアフィルターと交換するだけなのですが、その前に専用のフィルターオイルを塗布します。
製品には含まれていないので、雷電一世号で使っていた時の専用の【Recharger – Filter Care Service Kit -】を使います。

K&Nエアフィルター Rechargerえ? 大丈夫なの? だって買ったの11年前だよ?
うわ、オイルのボトル、オイルの色がしみこんでピンクになってるじゃん(笑)。

まー、使ってみてダメなら洗えばいいじゃん(笑)。せっかく洗って半永久的に使えることを売りにしてるK&Nなんだから。
と、自分に言い聞かせつつ、作業継続。

K&Nエアフィルター フィルターオイル新品なので、クリーナーの出番はなく、オイル塗布のみです。
フィルターの山に沿ってついーっとオイルを塗ります。すぐにじわっとフィルターに染み込んでいきます。
これを山の数だけ行います。XL系Buellはフィルターが小さいから楽だね。

K&Nエアフィルター フィルターオイル全部の山に塗ったら20分以上放置して熟成オイルを全体に染み込ませます。
その間に埃が付くと本末転倒な気がするので、フィルターが入っていたラップに戻して屋内で待ちました。
エアクリナーボックスを外している間に染み込むでしょう。

Tool-5/32-longエアクリーナーボックスを外します。
使用するのは5/32のロングビットとラチェットの組み合わせが便利です。
これだとエアクリーナーボックス前側のボルトも難なくスピーディーに外せます。
詳しくはBuellのメンテナンスを楽にする工具(その1)を参照して下さい。

エアフィルターボックス四隅のボルトを外したら、エアフィルターカバーを外します。
オレのS3はエアフィルターの変形防止としてカバーの外側に汎用の金属ステーで対策しています。
エアフィルターの変形防止についてはエアフィルターチェックを参照して下さい。

エアフィルターボックスエアフィルターカバーはの取付ボルトは7/16サイズです。
基本的にH-D製のパーツとBuell製のパーツはインチサイズだと思って間違いないです。

純正エアフィルター外した純正エアフィルターを確認。
うーん、やっぱり歴代と同じ症状になってますね。
キャブレター側はたまに発生するアフターファイヤーの影響か、軽く焦げたようになってるし、部分的に透けちゃってるし。

オイルの染み渡ったK&Nエアフィルターを純正と同様にセットして交換は完了です。

Error: Suspended
Error: Suspended


Similar Posts:


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です