オリジナルデカール修正+追加

フロントカウルサイドにオリジナルデカール

オリジナルデザイン フロントカウル サイドデカールS3のフロントカウルサイドの輪郭に合わせてオリジナルのデカールをデザインしました。

カウルの余白面積とのバランスを考えてテストショットより一回り大型化しました。

コレはコレでほぼ平面に貼るだけなので全然OKだったのですが、フロントカウル正面とタンクデカールは新たな問題が。

今回は4回目となる修正データで万全を期して、2回目の本番用のA4版で1500円もするオレンジの反射シートを切り出しました。
ところがですね、プロッターで切り抜いた後、余白部分を取り除くわけなのですが、前回より上手くいきません。

Craft ROBOの設定自体はかなりこなれてきたはずなのですが、なぜゆえ?
実は気温です。
今日はとても暑く、しかもやせ我慢してエアコンを入れずに作業していたんですが、カッティングシートが伸びてしまい、上手く剥がせなくなってしまいました。

タンクデカールも張り直すものの…

オリジナルデザイン タンクデカールなんとか切り抜いて今度はS3のタンクに貼ろうとしたんですが、外気温はもっと高かった^^;

シートからデカールを剥がす段階でみよーーーんと伸びちゃうじゃありませんか!
しかも、純正のタンクデカールも樹脂製なので、昨日測ったサイズと微妙に変わってます。

あー、これじゃ、いつまで経ってもぴったり同じサイズのモノはできそうにありません…。

純正と入れ替えなら問題ないんですけどね。今回のように純正の上に貼り重ねる方法は問題ありでした。

フロントカウルのロゴはタンクデカールのようにサイズの変化はなかったのですが、オリジナルデカール側の問題は例外なく出てしまいました。

かなり気になるんだけど、出費が激しいので今回はこの辺で勘弁しといてやることにしました。

そうそう、調べていて発見したのですが、フロントカウルのBuellロゴは、’97と’98以降で微妙に違うデザインでした(笑)。
ちなみにタンクデカールのデザインは当時のBuell社のCIロゴと同じじゃないのです。

その他のオリジナルデカール

オリジナルデザイン Buellロゴ+ペガサスウィング デカールパニアの背面に貼ったのは同じくオレンジの反射シート製のBuellロゴ+ペガサスのウィングをモチーフにしたオリジナルデザインのデカールです。
左右のパニアを跨いでマスキングテープで水平を出して貼り付けています。
これは夜間に後続車からの被視認性向上を狙っています。

オリジナルデザイン デカール S3 Thunderboltパニアの側面はカウルサイドと同じデザインの一回り小振りのモノです。

これも同じ素材です。

Error: Suspended

Similar Posts:


1 comment

  1. avatar
    Go-1 7月 14, 2010 7:06 am  返信

    結構、苦労しているタンクデカールですが、定石通り「水貼り」すると上手くいきました。

    やっぱ、暑い時はどうしてもシートが伸びがちなので、薄めた中性洗剤を元のタンクロゴにスプレーして貼ると、思った以上に綺麗に施工できました。

    やっぱ定石は一度は試しておくもんだわさ。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です