ステップのアジャスト

AELLAステップキットの個人的フィッティング

aella_oldS3には1台目の時からAELLAのステップキットを愛用してます。

ただ、1台目はノーマルリンクでレース用のステップバー、2台目はM型リンクでノーマルのステップバーという違いがあります。

1台目のステップキットに手を入れていたところは、ステップバーとブレーキペダルの取り付け方。

ステップバーは、ノーマルの先端が斜めに切り落とされたものではなく、レース用の先端にジュラコンのガードがついた先の丸いタイプに換えていまし た。
理由は簡単で、足をついた時にふくらはぎにバーが当たるので、ウェアを傷めないようにすることと、転倒時に尖ったバーで身体にダメージを受けないように。

ブレーキペダルは、足が25.5cmと小さめなのでペダルとの距離を詰めたくて、バーと同軸に取り付け直していました。

M型リンクステップのバーをアジャスト

m-link_set_062台目も同様の加工をしたいのですが、ブレーキに関してはマスターシリンダーのロッドをノーマルを流用するM型リンクでは、ステップバー同軸にす るとロッド長が合わなくなるのでどうしようか宿題になっていました。

さらにちょっと気になっていたのがステップの位置。ここのところ’98のノーマルシートではなく、’99以降型のワイドシートを使っているので、 コーナーで腰をずらすとステップがちょっと遠く感じるのです。

step-extension_02先日のLED化作業の際にバイク用品屋さんをハシゴしていた時に目にした商品でピンと来ました。
ノーマルステップに半径15mm程度の偏芯リンクを追加してステップ位置を調整するという商品。
昔からあったけど、実物を見て流用を思いつきました。

ブレーキペダルを踏みやすくする&コーナリング中のステップを近くするって目的を重視して、やや前方で上気味の位置で固定しました。
ブレーキを踏んでみると凄くしっくり。

step-extension_01シフト側もブレーキ側と位置を合わせて調整なのですが、こちらはペダルとバーが同軸なのでアジャスターに付属していたボルトでは偏芯リンクを取り 付けるにはボルトが短すぎ、ステップキットに使っていたボルトでは長すぎて使えませんでした。
またまたホームセンターへ(笑)。
ヘックスの平ボルトは見あたらなかったので、+の平ボルトで代用しました。

アジャスターのステップバーが先端まで丸いものだったので、一石二鳥。

Similar Posts:


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です