トゥーランのミラー補修

ミラーカバーは醜かった

トゥーラン ミラーカバー補修トゥーラン購入時から右側のミラーカバーは傷をタッチアップペンで補修してあったのですが、補修っつーか余計に汚い状態でして、気になっていました。

いつもならサクッと補修しちゃうんだけど、トゥーランの純正カラー【インディゴブルーパールエフェクト】が市販の缶スプレーになくって、どうしたもんかなあと思いつつ時は流れ。

車検切れしている今のウチに何とかしておこうと、ソフト99のボデーペンオーダーショップにて特注色をオーダーしました。
カラー名は【VW・7D INDIGOBLUE PERL.】です。

ソフト99 カラーオーダーオーダーしてから5日ほどで発送の連絡があり、翌日に届きました。
同時にオーダーした【パブリカオレンジM】はキューブやマーチの純正色で、こちらはBuellに使います。


TOURAN
まずはミラーカバーを外します。同年代のゴルフと同じミラーかと思いきや、トゥーランのはウィンカーの面積が半分ぐらい小さいもので、取付方も全然違いました(笑)。

GOLF ⅤゴルフⅤのはこんなカンジです。確かに形状が違う(笑)。

純正ミラーを交換したときと同じ要領でミラーを外し、カバーを金属のステーに留めているトルクスのビスを2箇所外し、下側を少し持ち上げるようにしながら上に抜くとカバーは外れます。

トゥーラン ミラーカバー補修傷を隠したかったのか、盛り上げたかったのか全くわからない状態なので^^; とにかく削ります。

削ったら盛ります(笑)。

トゥーラン ミラーカバー補修盛っては削り、形状を整えつつ、気泡を見つけては埋め。
大体カッコが付いたら薄く塗料を吹いてみて、パテが溶剤で溶けてできるプツプツをまた磨いてパテを盛り…。
3~4回も繰り返すとこんなカンジに仕上がりました。

ウィンカーレンズの汚れもクリーンナップ

TOURAN ミラーこちらも購入時から気になっていた、ウィンカーレンズ内に浸水したかのような汚れがあったのですが、ついでに外してみるとレンズ内ではなくカバーとの隙間になるところに浸水して汚れていたようです。
細いドライバーとペーパータオルで綺麗にしておきました。

これでミラーカバーはすっかり気持ちよく綺麗になりました。

Error: Suspended

Similar Posts:


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です