トゥーラン復活

半年振りに復活

超絶に交通の便がいいところに引っ越した事もあって、今年3月に車検切れとなり冬眠させていた我がトゥーラン。
利便性だけで言うと、鉄道沿線は不自由しないんだけど、日用品や食料品の買い出しにはやはり不便を感じ始めていました。
そんでなにより、乗りたくてガマンできなくなってきたし(笑)。

トゥーラン ミラーカバー補修冬眠中も定期的にバッテリーを充電したり、ミラーを補修したりと愛でてはいましたが、やっと車検通しました。

今回お世話になったのは、わりとご近所にある有名な専門店「アンビアン」さん。
車検に当たり、神戸在住時代にお世話になった「フォブ・シュランク」さんにも見積もりを依頼したんだけど、一度電話がすれ違いになったきり、連絡貰えず。
堺のVW正規ディーラーは問い合わせフォームから返事まで1週間も掛かり、しかも「ウチの客じゃない上、10年落ちの一時抹消の再登録?めんどくせ!」というムードが滲み出る、改行したら呪われるんか!!っていう、読ませる気皆無のメールだったので、問い合わせからの対応が良かったアンビアンさんに頼みました。

アンビアンさんにメールと電話でお話しして、自宅まで引き揚げに来て貰いました。
その時にガレージを見て、乗り物好きであることと、軽整備は自分でやってることなんかが伝わったようで、「まずは預かって車検プランを出します。最低ラインは動かすところから、相談しましょう」って言ってくれたので、任せようと思いました。

ランプエラーは

わかっている不具合としては、どこかのランプエラーが出てることと、フォブさんでオイル交換したときにドレンが舐めてるって伝えられたこと。

ランプの方は、一通りチェックしてみたんだけど、どこかわからなかったんですが、アンビアンさんの見積もりでリアのポジションである事が判明。全部で4灯点灯するのが正常らしいです。
てっきり激安中華HIDが原因だと思ってたのに(笑)。
だって、説明書と実物のプラス・マイナス結線逆だったし、ってか、バーナーと配線のカプラーが雄同志っていう状態だったしさw。
因みに中華HIDは純正ハロゲンに戻してから車検に出しています。

作業見積もりを頂いて、工賃もパーツ代も全然高くないのでまたまた納得。
で、高く付くオイルパン交換は、中古品を探して貰うなどして後日対応としました。

トゥーランナンバープレート車庫証明やら希望ナンバーやらの手続きをして、若干ロスタイムをしながら(車庫証明に1週間掛かるので)、約2週間程で帰ってきました。

今回もお約束のナンバーです。
正直、神戸ナンバーがよかったんだけど、しょうがない^^;

おかえり~

アルミスカッフプレート半年程乗れなかったトゥーランにまた乗れると思うと、毎週末が楽しみです。
遠距離恋愛が盛り上がる(らしい)のと同じで、一緒に行動できないストレスが愛情を募らせるのね(笑)。
社外品のアルミスカッフプレートも装着しました。

これで週末の買いだめや、工具や家具の買い出しも楽勝。
さっそくBuell S3 Thunderbolt の純正WP製フォークをOHして貰うために、WMさんに運び込むことにしましょう。

Similar Posts:


2 Comments

  1. avatar
    らいぷりーつ 9月 21, 2014 6:48 pm  返信

    トゥーラン復活おめでとうございます!。

    あとはS3ですね。

    • avatar
      Go-1 9月 21, 2014 8:39 pm  返信

      ありがとうございます。

      まーーーー、そっちがなかなか^^;

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です