ニーパッド

カウルの段差が膝に優しくない

ニーパッド S3 Thunderboltのタンク~シートカウル前端は、フレームから10~13mmほど離れています。

ニーパッド身長170cmのオレが乗ると、ちょうどこの部分にニーグリップ位置が来て、カウルのエッジに膝が擦れて痛いんです。

ニーパッドで、雷電一世号の時からこの段差を埋めるため、フレームにクロロプレンゴム(CRスポンジ)をテキトーに切って貼り、そのままだと見栄えが悪いので、その上に汎用のタンクパッドを貼っていました。簡易ニーパッドととして使用してたんです。

ニーパッドホントにテキトーに処理してたんだけど、先日のTOKYOキャノンボールで左側を落としてしまいました。

すると、あんなにテキトーだったニーパッドも、無くしてみるとその効果を再認識。いやあ、ニーグリップが気持ち悪いのなんの。
レザーパンツで乗っていたのと、ワインディングを走っていなかったのとで、激痛とまではいかないものの、常に軽くニーグリップしてる癖が付いてるので、高速走行中もカウルのエッジが当たって気になってしょうがない。

つーわけで、もう一度ニーパッドを装着することが必要になりました。

これまでと同じことをしても面白くないので、ちょっと工作することに。

テーマはズバリ、パッと見、既製品です(笑)。

ニーパッドデザインを考えてみたんだけど、最終的にシンプルにフレームのガゼット部を覆うデザインにしました。

Buell純正のオプションでカーボンヒートガードがありまして、S1についている、右側シートカウルからリアバンクのヘッドを覆うアレ、同じようなデザインにしようかと思ったんだけど、左側のその位置にはフューエルコックがあるので、どのみち左右対称にはできません。

で、フューエルコックの操作を邪魔しない形を優先して、この形にしました。

作り方

材料を揃えます。

  • CRスポンジ T10mm
  • EVAフォーム T5mm
  • DAYTONA プロテクションシール レザーブラック

ニーパッドCRスポンジは耐候性や耐油性があり、耐熱性も-50~150度程度あるので、今回の工作に向いていると思われます。
実際これまで貼っていたのもCRスポンジなのですが、問題ありませんでした。

オレンジ色のEVAフォームは、とくに色は関係なく厚さ5mmのものがたまたまこれしかなかったんです(笑)。

プロテクションシールプロテクションシールはフェイクレザー製でバイク用品店で見つけた時にピンと来ました。
耐摩耗性に優れ滑り止め効果もあると書いてあります。

ニーパッド左右のガゼット部をコピー用紙でトレースした後、それを型紙にして段ボールを切り出しました。
これを実車にあてがって形状を検証します。

シートカウル&タンクエンドが、前方へいくほど張り出しているので、フレームのガゼットに沿わせて均一の厚みのパッドを貼ったのでは、前方のエッジが膝に当たって気になると思うので、膝が当たる範囲はなるべくシートカウルとツライチになるようにしました。
ただ、前端まで完全にツライチにすると、前から見た時に厚ぼったくなりすぎてカッコ悪いので、その辺を見極めました。

もう1つのこだわりはシートカウルのアールを出すこと。ツライチにするだけならこのアールを外形にしてしまえばいいんだけど、そうするとガゼットの一部が見えてしまってやっぱりカッコ悪いので立体的にしました。

型紙を元にCRスポンジを切り出します。あとで、フェイクレザーを貼るので切り口は適当でOKです。っていうか、綺麗に切る方法がわかりませんでした(笑)。

ニーパッドEVAフォームはシートカウルのエッジのアールに沿って盛り上げる部分です。
全部で3段階の大きさに切った物を順番に重ねて前側にいくほど5mmずつ広がっていきます。
また、こうやって段差を付けることで膝が前方へ滑るのを防ぐ効果も期待できます。

ニーパッド各パーツをスポンジ用両面テープで貼り付けていきます。
貼り付けた状態で外形を整えたら、フェイクレザーをヒートガンで暖めて伸ばしながら貼り付けます。
こだわりのシートカウルのエッジ形状がきっちり出るようにしました。

皺になった部分を覆いつつ、そこからの剥がれを防ぐため、裏側からもう一枚フェイクレザーを貼り、目止めとしました。
このとき、目止め用のレザーの断面が白くなっていたので、染めQで黒く染めました。

ニーパッドこれを耐熱両面テープでフレームのガゼットに貼れば完成です。

シートカウルのアールに沿った造形でニーグリップ部分はバッチリツライチです。

もちろん、ニーグリップもバッチリOK!

強いて言うなら、車体の方が左右対称じゃなかったので、貼り付けてみると微妙に左右の収まりが違うんだけどね(笑)。

ま、D.I.Y.にしてはいい仕上がり何でないかと自己満足です。

Error: Suspended
Error: Suspended

Similar Posts:


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です