バッテリー交換(1回目)

ついにバッテリー交換

いやあ、正直雷電二世号こと2台目の’98 S3を買った時から、バッテリーはあまり元気ではなかったんだけど、騙しだまし早3年。

HD・Buell純正バッテリー乗らない時は充電器に繋いで充電してたんだけど、ついにイグニッションonで12.5vを指すものの、セルを回すと一気に1v近くまで電圧が下がっちゃってエンジンが掛からなくなっちゃいました。

HD・Buell純正バッテリーで、交換しなくちゃと調べてみると、純正品(Parts No.65989-97B)の定価が20,000円前後なのに対して、純正品相当のYTX20L-BSの価格がめっちゃ高くなってます!定価って42,840円なのか!

まあ、ネットショップでは11,000円くらいから売ってるんですけど、送料など考慮しつつACデルコ DTX20L-BSを購入。送料込みで12,900円でした。

何はともあれ初期充電して古いバッテリーと交換するだけです。

S3のバッテリー交換は少々面倒です。EVO系Buellはエンジンの後ろ側にむき出しでバッテリーが搭載されていて、すぐに交換できそうなんだけど、実際にはタンク~シートカウルを外さないとバッテリー固定バンドにアクセスできません。

タンクは後端がボルトでシートカウルと一緒に固定されているだけなんだけどね。ここのボルトを外して、シートカウルの固定ボルトを7カ所とテールランプを外すと、シートカウルを外すことができます。

Buell バッテリー ACデルコあ、純正品は本体の側面とバッテリーターミナルの側面がツライチになっていて、+、ーともに車体とはターミナル側面で連結します。
USユアサのYTX20L-BSにはターミナルとツライチにするためのスペーサーが付属してたけど、ACデルコには付属していませんでした。

そこで、今回はストックパーツの中から元々バッテリーターミナルの内側の四角いナット(なんていう名前なんでしょうね?)のネジ穴を、6mmのドリルでさらってカラー代わりに使いました。

交換後はセル一発でエンジン始動。始動しなかったらセルモータークラッチ交換かというところなので、一安心です。


Error: Suspended
Error: Suspended


Similar Posts:


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です