フューエル エアベントバルブ破損

よくあるらしいトラブル

エアベントバルブいやあね、ふと何気なくタンクキャップに目をやると、フューエルエアベントがちょっと緩んでるなあと。

そこで、指で軽く締める方向へ回してみたところ、何度か経験したことのある悪魔の手応えと共にバルブがぽろっと…。

このパーツはフューエルタンクの内圧と外圧を均等に保って、スムーズにガソリンの供給ができるようにするためのタンク内と外部を繋ぐパイプの役目を担っています。
さらに内部にワンウェイバルブが仕込まれていて転倒時などにここからガソリンが流出することを防ぐ機能も併せ持っています。

とうぜん、この外部の消火栓みたいなパーツと内部を繋ぐボルトは中空構造になっていて、締め過ぎや振動に弱く、よく折れるようなのです。

続いて、思わずタンクキャップを外したら辛うじて見えていた内部の中空ボルトが、ぽちゃんと満タンのタンクの中へ…。

エアベントバルブとりあえず対策を練る間、ゴミの流入を防ぐためウェルナットで軽く塞いでおきました。
「見てみろ…この慌て振りを…怖いのだ…怖くてたまらずに覆い隠したのだ…恥も尊厳も忘れ、築きあげて来た文明も科学もかなぐり捨てて、自ら開けた恐怖の穴を慌てて塞いだのだ…」

さて、慌てたことは認めます(笑)。

で、このパーツ、たまにこいつが原因で高速走行中などにガスの供給不足を起こすことがあって、ベントホールを拡大したりワンウェイバルブ機能を殺したりするBuell乗りも結構いるんです。

そこで、せっかく転んだのでただで起きないようにしようかと思います。

Similar Posts:


6 Comments

  1. avatar
    Q太郎 3月 4, 2011 12:13 am  返信

    ひさしぶりにコメさせていただきます。

    つい先日、ガソリンキャップの中の樹脂の部分に不具合があったのがつい最近、こんな部分が破損するなんて、思ってもみませんでした。
    ゆれまるさん同様、「よくあるトラブル」が多すぎなのがBuellの良さなんでしょうか。。。

    最近、みなさんのブログで、
    ガンダムネタといい、今回のAKIRAネタといい、食いつかせていただきます。。

    • avatar
      Go-1 3月 4, 2011 5:19 pm  返信

      ははは。みんなガンダム好きやねえ(笑)。

      ベントバルブ、カッコよく修理!
      と行きたかったんだけど、非常にチープな手段に出ました。

      近日公開です(笑)。

  2. avatar
    うちだ 3月 2, 2011 11:52 pm  返信

    AKIRA… だっけ?

    • avatar
      Go-1 3月 2, 2011 11:55 pm  返信

      あ、そこにツッコミ…AKIRAです(笑)。

  3. avatar
    ゆれまる 3月 2, 2011 11:22 pm  返信

    ここも「よくあるトラブル」なんですか?

     てか、「よくあるトラブル」多すぎるでしょw?

     ま~、そもそもBUELL買って、乗って、そしてハマって抜けれなくなってる事がそもそも人生のトラブルですからね(爆)

     さて、Go-1さんの「起き方」楽しみにしてますw

    • avatar
      Go-1 3月 2, 2011 11:24 pm  返信

      ナイスツッコミ!(笑)

      まあ、ここ、一度リコールになってるからね。
      折れるからじゃなかったと思うけどさ。

Leave a reply to Go-1 Cancel reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です