ブレーキパッドの慣らしがてらチョイノリ

99y-swingarm with AST呑吐ダムは今日もバイクが入れ替わり立ち替わり。
S3を停めるなりオレより少し上のおっちゃんが話しかけてきました。
「これ、ノーマルですか? 初めて見ました」
どうやらは知ってるみたいなんだけど、Thunderboltにカウルがついてることに驚いてました。
Thunderboltは知ってるのになぜでしょうか?(笑)
おっちゃんはBMWのR1200Rに乗ってるんだけど、それを買う時、2気筒の外車ってことで、
MOTO GUZZIとBuellも候補に挙がってたんだってさ。
ところが、壊れると聞いてあっという間にBuellは候補から外れ、流通量の少なさが不安と言うことでGUZZIも候補から脱落、BMWになった そうです。

その反面、BMWは期待していたTWINの味や外車の個性みたいなものが感じられなくて、不満じゃないけどつまらないと言ってました。

びっくりしたのは、S3のパニアを見てBMWのそれより出来が良いと言ったこと。
いやいや、それはないでしょ、って言ったんだけど、R1200Rの純正パニアにはフルフェイスは入らないのに、S3のパニアには余裕で入る事に価値を感じての事でした。
そうなのか。
オレがディープケースを手放せないのは、正に出先でメットを持ち歩かなくてすむことなんだよね。
メットホルダーに付けるよりはパニアの中の方がセキュリティ面で断然安心だし。

にも興味津々。
ASTは文句なしにカッコイイと映ったようで、特注のこだわりはここでも成功(笑)。
NOLANの方も、どこで買えるのか、いくらくらいで入手できるのかなど質問攻めでした。

ちょっとそこまでのつもりが結局60km近く走って、雑談したりして、2時間近く遊んでしまいましたよ。

Similar Posts:


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください