ラテンヲヲサカ・ガレージシアターひと段落

何はともあれエアコン付いた!!

エアコン&サラウンドスピーカーいやーーーーー、ラテンヲヲサカ堺市で、自殺行為と烙印を押されたクーラー無しの生活でしたが、なんとかかんとかリビングとガレージにはエアコンを設置できました。
引っ越しから丸一年、よくぞ耐えた!

ガレージのエアコンはいわゆる動力電源の業務用です。
店舗跡をガレージとして使用しているわけですが、前のオーナーが付けていた業務用エアコン、いわゆる天カセってヤツを外した大穴が開いてまして、これをカラーベニヤで塞いでるだけという、いかにもラテンな物件であります。

この穴を利用しない手はない。(つまり店舗跡)の広さは、間口3m、奥行き14mの1Fぶち抜きで、ざっと42平米ほどもあるので、コイツに対応する家庭用エアコンを買うより、業務用の方が安くなります。
元店舗なので、すぐ外まで動力が来ているので、メーターを設置して屋内の配線をするだけでOK。

エアコンは引っ越し早々、某オクで5万円程で購入済みだったんだけど、1m四方ほどもある室内機がガレージの床を占拠してました。
コイツがあるべき場所である天に帰ってくれたおかげで、やっと不法占拠されていた土地が還ってきましたよ。

と、喜んだのもつかの間、なんと取付工事は終わったものの、関電が開通手続きに来るのが2週間以上も先になるって言ってきた!!
ただでさえ、朝晩涼しくなったのに、10月に入ったらクーラー要らんわ!!!

サラウンドスピーカーを天吊

サラウンドスピーカー S-H07 天吊先日の記事でも書いたけど、フロントスピーカーに NS-325Fを導入した事によって、これまでフロントスピーカーに使っていた、25年以上落ちのSANSUIのコンポAV-H07にセットされていたS-H07を、サラウンドスピーカーに回します。

エアコン&サラウンドスピーカー天吊1個8kg弱あるブックシェルフを、天井から吊っちゃって大丈夫なのかという不安は拭えないまま^^; とにかく設置してみました。
ついでに、 HTP-S353に付属していた、樹脂製の安っぽいフロント用スピーカーで代用していたサラウンドリアは、これまでサラウンド用に使用していたAV-H07に付属のサラウンドスピーカーをコンバートしました。

この組み合わせで聴くBGMは、暖かみのある音色で、まさに音に優しく包み込まれる心地よさ。天吊したサラウンドスピーカーがいいムードを作り出しています。

ピュアオーディオ的には全然ダメなんだろうけど、かなり好みの音質を得ることができました。

Similar Posts:


2 Comments

  1. avatar
    らいぷりーつ 9月 19, 2014 6:59 pm  返信

    おぉ!、某誌に掲載されちゃいそうな勢いですね。

    • avatar
      Go-1 9月 19, 2014 11:39 pm  返信

      いや、機器が基本古すぎるので、オーディオ方面では全然です(笑)。

      バイクで言うと、原付免許取って、いじるのが楽しくてしょうがない時期ですね。

      エアクリ外してパワーフィルター付けたら、トルクなくなって前に進まないのに、やったことを否定する気は毛頭ないという、そんな感じ(笑)。

      今のスピーカー配置で、RX-V577のDSPの1つ「7chステレオ」と言うモードで、COWBOY BEBOP O.S.T.1 とか流すと、小洒落たカフェのBGMのような聞こえ方になります。

      小洒落たカフェでTank!とか流れないか(笑)。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です