リニューアルしたハンドルまわりのまとめ

ハンドルまわり一新!

ブレーキのグレードアップをしよう! というところから始まったハンドルまわりのカスタム。
芋づる式になんだかんだといじってしまいました^^;

ACCOSSATO&antlion&ABM&PROGRIP現状はこんな感じです。
か、カッコイイ!(笑)。

ACCOSSATOのパーツ達は、フロントから見ると、黒いレバーに白いレーザープリントでロゴが入っていてすごくレーシー。
だけど、コックピットからのライダー視点ではそのロゴが見えないわけで、レバー先端の形状が純正同様ボール型なこともあって、レーシー過ぎない絶妙の眺めだと思いません?
いや、自己満足だから誰も同意してくれなくてもいいんだけども(笑)。

今回導入のカスタムパーツ群です。

ACCOSSATO PRS ラジアルポンプ ブレーキマスターΦ16×17-18-19
ACCOSSATO ワイヤー式クラッチASSY クラッチスイッチタイプ
antlion ハイスロ EXエンデューロ イージーオーダー
ABM Scio ビレットリザーブタンク:黒:取出横
ACパフォーマンスラインブレーキライン ホース全長:910mm
ACパフォーマンスライン バンジョーアダプター 45°ブラック アルミ
ACパフォーマンスライン バンジョーアダプター 30°ブラック アルミ
ACパフォーマンスライン バンジョーボルトブラック アルミ
DAYTONA オリジナルガレージブレーキフルード(DOT4)
DAYTONA ステンレスパッドピンセット
NISSIN ピストンシールセット 6POTキャリパー用(キャスト用1キャリパー分)
ROGRIP 838 X-SLIM

ぶっちゃけほぼどれも定価で購入してません(笑)。特にACCOSSATO製品は、国内老舗の取扱店の設定価格より、求めやすい価格で購入できる7Cさんで購入し、フロントローターも含めてまとめ買いでさらにオマケしてもらったので、2万円以上もお得に購入できました。

ABM製 Scio ビレットリザーバータンク製リザーバータンクも在庫セールで半額で購入したし、ブレーキホース類とメンテナンスパーツ、フルードはまとめてWeb!keでセールになっているのを狙って購入。定価購入なのはイージーオーダーしたハイスロくらいですね。

パーツにお金を使いすぎたので、ブレーキフルードはなるべく安いのでいいやと思って探してみると、DAYTONAからオリジナルブレーキフルードなるものが出てたので、使ってみました。
300ml入りでJIS規格BF-4(USA規格のDOT4)、グリコールエーテル系です。
いつも良いフルードを買うものの、余っちゃって残りは使えなくなるということを繰り返してきたので、今回は使い切りサイズでお値段なんと1,260円のコチラ!を使ってみました。

ACCOSSATO ワイヤー式クラッチASSYACCOSSATOのクラッチはコストパフォーマンスの高いカスタムでとっても満足。
最近どうもカスタムパーツ市場がストリートファイター系に偏ってしまって、ギラギラに派手なのばかりという風潮にあって、このデザインはオレ好みです。

ACCOSSATO PRS ラジアルマスターシリンダーACCOSSATO ブレーキもマスターΦ16×17mmが大正解でキモチイイ。
今回はレバー比可変タイプを選んだわけだけど、ACCOSSATOのラインナップにはレバー比固定でΦ16×16mm、Φ16×18mmもありますが、実際にレバー比を変えて体感したことを踏まえると、チューブフレームのBuellに関しては、17mmがお奨めです。18mmはショートすぎるし、16mmだとストロークがより増えるはずなので、スロットルなどに干渉しないようにするにはレバー位置の調整がかなりシビアになると思います。また、レバーの反発力も17mmくらいが妥当だと思います。

のブレーキホースはのリアサスとカラーコーディネイトできて嬉しいし、スイッチボックスのリメイクもカラーで選んだPROGRIPのハンドルグリップも見た目重視です(笑)。

あ、今回初採用のPROGRIP838 X-SLIM、衝撃吸収ゲル内蔵で最も細いタイプ。カタログではロード&トライアル用って書いてありました。
形状や握り心地はず~~~~~と愛用しているArieteのトルネードがやっぱしっくり来るんだけどね。

Similar Posts:


1 comment

  1. avatar
    こぼん 6月 5, 2010 2:18 pm  返信

    ほんまにこれくらいカウルがスリムだと、カッコいいね!

    ・・・って、ケンカ売ってんのんかい?w

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です