復活準備(2)

フロントカウルを外す

ガッツリとフロントから滑っていった事故だったもんで、フロントカウルはバッキバキ。
ヘッドライトも割れ、フロントフェアリングマウント(カウル/ヘッドライト/メーターダッシュパネルステー:以下FFM)も豪快に奥に引っ込んでしまってます。

メーターダッシュパネル。被害状況を詳細に調べるため、フロントカウルを外しました。
メーターダッシュの固定も兼ねるFFMが大きく曲がってるので、ダッシュの割れが心配されたけど、トップブリッジが当たってできた傷が入ったものの、何とか使えそう。

破損したS3 thunderboltのアナログ時計。ただ、S3のチャームポイントであるアナログ時計はベゼルとガラスが飛んで行っちゃってアウト。バッテリーに繋ぐと動作はするので、そのうちなにか利用しようと思います。

フロント周りの破損状況。フロント回りの電装品は殆どパーに。
ソーラムのHIDはバラストやディマーコントロールが割れてお釈迦、ウィンカーポジションリレーもダメ。
Koito製のガラスレンズ・金属リフレクターに換装したヘッドライトも砕けてしまいました。

フロントカウルとステーを撤去FMMをストックしてある中古品に交換するために、まずは曲がったFFMを外さなきゃなんだけど、純正のハーネスに加えて、度重なるD.I.Y.の結果、配線がこんがらがってます。

ざっと覚えているだけでも、ウィンカーポジションリレー、HIDのバラストやディマー、ヘッドライトのON/OFFスイッチ、グリップヒーター、ヒートデーモンの残骸、ナビやBluetoothトランスミッター用のシガーソケット用電源etc…。

もうね、どうせどう繋がってたかわからなくなることだし、ブチブチとカプラーを抜いて行って、FFMの開口部から開口部へとツタのように絡まっていた配線を外していき、なんとかメーターダッシュを分離、続いてFFMも外せました。

ここまででざっと2.5時間ぐらい掛かってます。

この後は、フロント周りのハーネスを全体的に整理したいと思います。
灯火類用にひとつと、ナビ用やスマフォ、Bluetoothトランスミッター用にひとつ、グリップヒーター用にひとつと、合計3つをバッテリー直結で回してこようかと思います。

その上で、アースラインを整理してバッテリーまで戻す予定。

Similar Posts:


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です