滝流しそうめんと一宮温泉

総走行距離:26,564Km
本日の走行距離:309Km
今回の燃費:26.30Km/L

S3×2+FLTR

久々に戸倉峠の滝流しそうめんを食いに行くべーと、mixiで同行者募集したんだけど、結局いつものびんちゃん(’98 S3 Thunderbolt)と、今回は滝流しそうめん初参加のこぼんさん(FLTR)の3名で出かけてきました。

1年ぶりかと思ってたのに、実は2年ぶりだったわけですが、もう、なん10年も変わらないのが戸倉峠の滝流しそうめんなのです(笑)。

今回はゆっくり目のスタートで、9:00に山陽道 三木SAに集合して、9:30出発です。

9:00前に集合場所に着くとすでにびんちゃんのS3が。本人の姿はない。お茶でも飲んでるんでしょう。
オレもバイクを停めてくつろぎモードに入る準備をしていると、どや顔のびんちゃん登場。
「アレ? 遅かったやないっすか」
「今日は絶対先来てると思ったw」
「こういう時間に集合やったら確実なんすよ」

こぼんさんが和歌山から遠征してくるので、待ってる間に朝飯をロッテリアで取ることにした。
ロッテリアメニューの最近のお気に入りはタンドリーチキンバーガー。辛くて旨い。

そろそろ食べ終わるかなという頃にこぼんさんも登場、同じようにハンバーガーを掻き込んだんで、ほぼ定刻に出発です。

山陽道を西に進み、山陽姫路東ICで播但連絡道に乗り換え、朝来ICで一般道へ出ます。
午前中ながら気温は30度。カントリーメッシュジーンズHYODのメッシュジャケット はチンガードを外してジェット用アタッチメントを付けて完全ジェット形態と暑さ対策は万全。

朝来ICは出口にETCゲートがないので、車載器からカードを抜き出して精算しないといけません。しかもレーンは2個しかないし、1個は閉まってるしで、後続車があったらさぞ焦る場面。
オレはこういう場面のために、別体式ETC車載器のJRM-11をバイクに乗ったままカードが出せる位置に取り付けてるんだけど、JRM-11が指定するシート下などへ設置していたら、いちいちバイクから降りてシートを取り外し、カードを取り出して精算し、またカードを車載器にセットしてシートを取り付けるという、料金所で取るべき行動としてはちょっと非常識な手順を踏まなくてはいけません。
なので、ETC対応路線の全てのICにETCゲートを付けるようにしないとイカンでしょ。国土交通省。危険だから。

3台のV-TWINはもたもたとETCカードを取り出してそれぞれ精算、ゲートを出たところでまたもたもたと再セット。
しかも、オレの場合、エンジンを掛けたままだとETC車載器のリセットができないので、一旦エンジンを停止させないとカードの再読込ができません。こんなに手間が掛かるならETCじゃなくてクレジットカード払いの方がずっとスマートじゃん。

朝来ICからR429をさらに西へ。道幅も広くて走りやすい。何度かツーリングライダーとすれ違い、左手を挙げて挨拶を交わしつつ、繁盛小学校付近から県道6号(八鹿山崎線)を北上、集落が点在する峠道へ入っていきます。
一宮から大屋町を抜けていく県道6号は、2年前にびんちゃんと走った気持ちの良い道で、今回のルーティングのハイライトでもあります。ほとんど車の通らない山道を揖保川の源流を何度も併走したり渡ったりしながら進みます。

集落内では60km/h以下にスピードを落としつつ、左右に民家がないところではてれっと流します。今回、ワインディング重視で久々にナローシートに付け替え、前後サスの設定をカンでw セットしてきていたんだけど、これが結構正解に近くて気持ちよく走れました。

特に良かったのがブレーキのフィーリング。フロントはACCOSSATO効果で穏やかな体感よりもずっと減速スピードが速いことに気がつき、減速不足のように感じていたことから強くかけ過ぎていたブレーキングを改めると、面白いように不安なくコーナーへ入っていけます。

特に苦手だった下りのタイトコーナーでは、コーナーの進入からリーンの途中までフロントブレーキを残してコーナリングできるようになりました。TRX850ではそうやって乗ってたんだけど、S3ではこういう乗り方をするとリアの加重が抜けてフロントからスリップダウンしそうな不安がつきまとっていたのでした。
その反面、1台目のS3時代に得意だった、ブレーキリリースでパタンとリーンする乗り方じゃなくなっちゃいましたけど。

リアもいい感じでして、ASTのリアショックのおかげでリアタイヤの路面追従性向上効果があったようで、あれほど不満だったリアブレーキの効きが、全然許容範囲になってます。

後続のこぼんさんはTRのバンク角不足により、タイトな山道は守備範囲外(笑)。その後ろを走ってくるびんちゃんも含めてペースが上がってこないようで、見通しの良いところまで走ってはちょいちょい追いついてくるのを待っては再スタート、を繰り返しながら走り抜けました。

途中何カ所か1車線幅になるので、たま~にやってくる対向車に「後続も居ますよ~、注意お願いしま~す」の合図を送りながら先導です。

大屋町で県道48号に交差したところで、48号を西に進路を取ります。ここからは比較的広めの走りやすい道になりますが、民家も多くなるので、ぐっとスピードダウンで流します。ところどころ、両サイドに民家がないところを見計らってピンポイントでコーナリングを楽しみつつ、程なく滝流しそうめんのあるR29に合流です。

戸倉峠の滝流しそうめん

戸倉峠 滝流しそうめんR29号を数キロ北上するとすぐに滝流しそうめんに到着。時間もほぼ予定通りの12時少し前。
夏休みの日曜日ってこともあって、これまでで一番混んでました。20分ほど待って席へ。

もちろん食いしん坊キャラのこぼんさんは2人前注文。1人前は2把弱くらいでしょうかね。

戸倉峠 滝流しそうめん小川を挟んだ樋を揖保乃糸が流れてきます。きょうはちょっとぬるく感じるなあ。
1人前終了の合図は缶詰のチェリーが1個流れてきます(笑)。

こぼんさんは「このそうめん湯がき過ぎやで」とか言いつつ2人前平らげましたが、庶民のオレは「そうめんなんてこんなもんじゃん?」ってなもんで1人前おいしく頂きました(笑)。

振り返るとオレ達の後ろにも長蛇の列が店の外にまで続いているので、駄弁りもせずにとりあえず席を空けて駐車場へ。
そこで恒例のバイクの周りでうだうだして、水分補給をしたらもう1つの目的地、一宮温泉 まほろばの湯を目指して出発です。

ちょっとトラブル

R29を南下し、先ほど走ってきた県道48号へ左折しようとしたところでトラブル発生!
なんと後ろを走っていたこぼんさんのTRと接触しちゃいました。

左折のために左へリーンし始めたとたんに反対側へ押し返された格好で、一瞬、何が起こったのか理解できなかったんだけど、どうやらオレが流しそうめんの駐車場から左折してR29へ出た後、左に出したウィンカーがちゃんとキャンセルされてなくて、48号へ左折するためにかなり早めに合図したつもりの左ウィンカーが意味をなしていなかったらしい。

Buellのインジケーターランプはスポーツスターと同じHD純正部品が流用されてるんだけど、結構小振りで太陽光が反射するとほとんど見えないんです。
だもんで、ウィンカーキャンセルミスに気がつきにくく、Buell仲間とツーリングに行くと、キャンセルミスは日常茶飯事で、互いに教えあったりすることが多々あります。
オレ自身もウィンカーキャンセルは神経質になっていて、普段は何度もキャンセルスイッチを押しなおすんだけど、たまたま今回はそれも機能していなかった様子です。

左折のためにスピードを落としていたので、どちらも転倒せず、路肩へバイクを停めてダメ-ジの確認。

パニアケース スクラッチこちらのダメージは左パニア。ケースに傷が入ったのと、3カ所ある取付ラッチの下側の1個が折れてしまいました。

パニアラッチ破損まあ、上側2個が無事なのと、取付フレームに防振スポンジを巻いているおかげで遊びが少ないのとで、帰宅するまで位は保ちそう。
TRの被害はバンパーに傷。こちらも走行には支障がない様子なので、ツーリング途中で水を差したくないし、ぱっとチェックしてすぐに再スタートです。

ところがその先の48号から右折せよとナビが示した道は、S3のディープケースが何とか通れそうな未舗装の細~~~い道。その先でまほろばの湯がある県道521号線へ抜けられるようなんだけど、どう考えても後悔しそうなのでR29に引き返して大人しく国道を走っていくことにしました。
道程は20kmそこそこから40kmへと倍増しちゃいましたが、ナビが示した最短コースではTRの守備範囲外コースのオンパレードっぽかったので致し方なし。時間的にも多分そう変わんないでしょう。

波賀町あたりでクルマの流れにつまり気味になっちゃって時間をロスしました。途中でR429へ抜けても良かったみたいですが、ナビに逆らわずに安住橋まで走って県道6号をV字型にかなり北上し直してまほろばの湯に到着。

一宮温泉 まほろばの湯

一宮温泉 まほろばの湯初めて立ち寄ったまほろばの湯。こぢんまりした温泉施設です。
下駄箱にはブーツも楽に収納できるサイズも用意してあり、ちょっとしたことなんだけど、嬉しいもんです。

利用料は600円。正直、施設の割にはちょっと割高かな。ただ、小振りですが露天風呂もあり、半身浴しながら馬鹿話するには可もなく不可もなくです。
洗い場の温水切り替えも微調整できなくてイマイチです。

いや~。しかし、バイク+温泉はいいわ~(笑)。汗を流してさっぱりしてプチリセットできるのはすごくイイ。

湯上がりにはお約束のコーヒー牛乳。こぼんさんはこれまたお約束のソフトクリームがなかったので(建物の外に売ってますが)、フローズンを平らげていました。

保冷バッグinパニアケースお土産コーナーもありまして、子供達の好きそうな葛入りわらび餅と妻の大好物の刺身蒟蒻を購入。この炎天下、そんなもん買って大丈夫かって?
ふっふっふ。今日の雷電二世号はひと味違うぜ。
見よ! ピキピキピキ~。保冷バッグ~~~。
韓国出張で活躍したものですが(笑)。ディープケースならこんなもんもすっぽり入っちゃいます。
バッグの中にはもちろん保冷剤を仕込んで出かけてきました。

20~30分ほど休憩して外に出てみると、今にも夕立が降りそうな空。身支度している間にぽつっと来ました。
県道6号を南下してR29に合流し、クルマの流れに身を任せてだらだらと中国道 山崎ICへ。
オレは播但連絡道経由で山陽道に乗るので福崎で中国道を離脱。二人と手を振って分かれました。

低温火傷

15:30頃にまほろばの湯を出て、ラッチを1つ失ったパニアケースとともに無事自宅に戻ったのは16:40くらい。
荷物を下ろしてお土産を冷蔵庫へ移動、火照った体もシャワーで冷却してNOLAN N43 Airの内装を外して手もみ洗い。

低温火傷ふと気付くと両膝に低温火傷。やっぱBuellに乗る時はカントリーメッシュジーンズだと断熱できない模様。ちなみにメッシュじゃないカントリージーンズだと全然平気ですけどね。

シャワーの後は妻と晩ご飯の買い出しをしてちょっと一服。すぐに晩ご飯。

お土産の刺身蒟蒻もわらび餅もすごく旨かったです。

Similar Posts:


5 Comments

  1. avatar
    lees 8月 2, 2010 10:51 pm  返信

    私も昔は『距離感無い男』などと呼ばれた事もありましたが、
    今では日帰り程の距離でも疲れが酷くて、、、w
    体力の限界、もうちょっと楽で楽しいツーリング考えて下さい。
    では~

    • avatar
      Go-1 8月 3, 2010 12:11 am  返信

      え? まさか今回しんどくて楽しくなかった??

      ウチとびんちゃん家の距離の差って往復で高速50kmくらいじゃ…。

      オレ的にはあと数十キロワインディングがあった方が楽しいんだけど(笑)。

      • avatar
        lees 8月 3, 2010 2:39 am  返信

        いえいえ、言葉足らずですんません。
        ツーリングそのものは非常に楽しゅうございますが、
        帰ってきてからの疲労感がひどいのですよw
        なので次回はもう少し短め、マッタリ多めでお願いしますです。w
        あ、そうそう、
        8月11日はヤマサくんとたなか家決定しました。
        そこからアンチミーという流れも有りかも?
        どっか近場に温泉あったかも?
        一緒にどですか?

  2. avatar
    こぼん 8月 2, 2010 4:28 pm  返信

    ボクが買って帰った「ピオーネ」はバッグの中でゆだってました(汗)
    昨日はごめん!&楽しかったw。
    また日帰りツー&温泉行きましょう!w
    50の声を聞いて「大食&アイス」キャラを見直さねばと考えている今日この頃ですw

    • avatar
      Go-1 8月 2, 2010 5:26 pm  返信

      どうも気を遣わせちゃってごめんなさい。

      ラッチは手持ちのストックがラスイチ残ってたので、クリーニングして使えました。

      日帰り温泉ツー、まったり楽しいですね~。
      また是非やりましょう。

      オレは大食いキャラ継続不可と判断して、ここ2,3年は控えてますぜ。
      ってか、身体能力的にもうムリw

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です