異常振動解決とプラグコード交換

総走行距離:28,219Km

異常振動はプラグ交換で解決

かねてより問題のあった異常振動は、プラグ交換で解決しました。
ただし、エンジン始動直後にグリップヒーター(ヒートデーモンズ)を使用したり、走行開始直後にちょっと硬質な振動が出る場合もあり、気長に原因を追及しないといけないかも。

ホットワイヤーからテイラー シリコンワイヤーへ

プラグ交換 ノロジー雷電二世号(’08から所有の2台目の)は、購入時からが純正からノロジー ホットワイヤー(NOLOGY Hot Wire)に交換されてました。
雷電一世号(’97~’02まで所有していた1台目のBuell S3 Thunderbolt)でも使用していたので、雷電二世号が年式も車体色もノロジーも一緒ってことで、ほんとに雷電一世号が手元に帰ってきたかのような気分になったものでした。

そんなセンチな気分に浸ってる場合じゃなくて、このノロジーって一体いつからついてんの?
ヘタすりゃ10年以上付いてる可能性もあるわけですよね。
そろそろ本来の性能を維持できていなかったりどこかしらイカれてたりしても全く不思議じゃありません。

てなわけで、プラグコードを交換します。

何にしようか迷ったんだけど、連続でノロジーにするのも面白くないし、標準的なコードじゃもっとつまんないし、でも予算は殆ど無いしってことで、ちっとも発注が通らないWeb!keのポイントが貯まってたのを使い切って見切りを付けることにしました。

しかしコレがまた4回も注文後に「メーカー在庫無しでキャンセル」というWeb!keお得意のなまくら営業で、それが理由で見切りを付けようとしてるところなのに追い打ちを掛けるという、もう、なんちゅーか。

TAYRLOR Spark Plug Wierやっと注文が通ったのがテイラー シリコンワイヤー(Taylor SPIRO-PRO WIRE)。H-Dではポピュラーですね。

TAYRLOR Spark Plug Wierテイラーのプラグコードは他製品を凌ぐような高性能がウリってわけでもなくて、9色もあるコードのカラーで選ばれてると言っていいと思います(笑)。
ええ、オレも今回は色で選びました(笑)。

ただ、商品が到着してみると、思ったよりかなーーーりの蛍光っぷりのオレンジでして、ぶっちゃけ蛍光ピンクに見えなくもないくらい。
でも、品番は確かにオレンジなので、オレンジってことで納得しよう。うん。

Plugcode SeparatorオレンジのコードにNEO FACTORY製スパークプラグワイヤーセパレーターの黒いのを合わせ、ASTカラーでまとめようという魂胆です。
ホントは黒いコードにメタリックオレンジのセパレーターっていう組み合わせがいいと思ったんだけど、コードが黒いと自己主張的にちょっとアレかと思い直してオレンジのコードにしました。

Plugcode Separatorせっかくなので、プラグコードセパレーターのビスをASTに合わせてメタリックオレンジに塗っておきました。芸が細かいでしょ。

まずは前後シリンダーのバンク感にあるエンジンマウントに共締めしてあるノロジーのアースコードを外すために、タンクを降ろします。

何も面白いこともないまま(笑)、ノロジーを外しました。
結構コードが硬化しています。

さくっとテイラーに交換。

プラグ交換 ノロジー雷電一世号にのロージーを付けた時は、わざとコードをルーズに取り回していたのですが、雷電二世号購入時に付いてたノロジーは、オレ様の雷電一世号を真似たんじゃないかと思うくらい、 そっくりな取り回しになってました。

プラグ交換 テイラー装着に特に難しい手間はありません。

口金をコードにセットして イグニッションコイルに繋ぐだけです。

今回は、振動でコードに余分な振動が伝わって、電極の金具に負担が掛からないようにという配慮で、きっちり目の長さで取り回しました。

まあ、あまり長目にしてると、蛍光色が主張しすぎてウザいって理由も大きいのですが(笑)。

で、レイアウトして見ると、ご覧の通り、プラグコードセパレーターの出番がなくなっちゃいました(笑)。
ホント無計画だなあ。 

交換後はアイドリングが落ち着いて、アイドリング調整スクリューでぐぐっと低めに設定できました。寒くても安定するのがかなり早くなりましたよ。

Error: Suspended
Error: Suspended

Similar Posts:


2 Comments

  1. avatar
    たろ~@X1 2月 22, 2012 2:11 pm  返信

    最近、特に冬になって、ですが、
    うちのX1も、ステップ付近に結構な振動が出てるんで、
    色々気にしてましたら、
    ① 気温が低い
    ② バッテリーの電圧が低い
    ③ 充電するか、暫くそれなりの距離を走ると収まる。

    ‥‥‥うちの場合、こんな感じで、どうも容疑者は中華バッテラ~のような気がしてます(^^;)。

    • avatar
      Go-1 2月 23, 2012 10:38 am  返信

      プラグコードを交換してから、振動は随分まろやかになって、
      アイドリングが落ち着くのもビックリするくらい早くなりました。

      エレキ的には、走行中の電圧計の表示では、12.5V付近を指すことが多いのが悩みのたね。
      14.3V付近が正常だと思うんだけど、12V~14Vをかなりピョコピョコ動くのです。

      これは、ナビやグリップヒーターを使っても使わなくても、またそれらを同時に使っても、殆ど挙動は変わりません。

      エンジン的には特に支障は出てない感じなのですが。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です