2年ぶりにバイク復活です

ついに、ついに、念願のバイク復活!!

2013年3月に S3 Thunderboltで事故に遭って以来、その修理には時間とお金が掛かる状況になっていて、Buellっていうメーカーが既に消滅している以上、どうしても中古パーツやデッドストックを入手して気長に直すしか無いのですが、そんなこんなで既に丸2年以上が経過。

あまりにも長く【バイク乗りたい病】を煩ってましたが…。

数々の障害を乗り越え、やっとこさバイク買いました。

SCOUT 納車日新しい相棒は

Buell S3 Thunderboltは、このまま気長に修理の方向です。
あまりにも気の長い話になりそうなので、増車できないかとずっと画策していました。

まずは、その候補を何にするか。

そもそもその条件は

  1. デザインが好き
  2. Vツインエンジン
  3. パニアが付く
  4. エンジンが楽しい
  5. なるべく軽量
  6. 100psぐらい
  7. 弾丸ツーリングに耐える
  8. 長くつきあえる

こんなあたり。
全部必須ってわけでも無いけど、1.~4.は必須で、それ以外はなるべく条件を満たすヤツって感じでしょうか。

候補に挙がったのは

  1. KTM 1190 ADVENTURE
    KTM-1190ADVENTURE
  2. H-D LOW RIDER
    LOWRIDER
  3. H-D SWITCHBACK
    SWITCHBACK
  4. Moto Guzzi California 1400
    MOTO GUZZI CALIFORNIA 1400 Custom

とか。
LOW RIDER以外は試乗もしました。

YAMAHA XT250TADVENTUREは、軽くていいんだけど、エンジンがオモシロくない。
何に似ているかというと、昔のYAMAHA XT250Tみたいでした。
そりゃあ、最新の電子デバイス満載なハイテクバイクなので、一緒なわけないんだけど(笑)、扱いやすいけど排気量分のトルク「感」は無い感じで物足りない。
それに、170cmのオレの身長と、50歳に近づく体力を考えると、あまりにも背高な車体が気構えを要求するだろうし、S3みたいにちょろっと乗り出すって感じでは無いだろうなぁと。

SWITCHBACKは、とにかくすべての操作が自分から遠い。
ポジションが、ってだけで無く、ブレーキのタッチや重ったるいコーナリング感、フワンフワンした乗り心地とか、すべてが何か違う感でいっぱい(笑)。

Moto Guzzi California 1400は、以前の試乗記にも書いたけど、車重も重いし、コーナリングも重いんだけど、エンジンのフィーリングがどこかBuellっぽい。
で、買えるなら買ってもイイか!って思い、妻の了解も得て見積もりまで取ったけど、諸条件が合わずお流れに。

この時点で、ちょっとCaliforniaには縁が無かったのかと思い直しました。

  • エンジン型式 = 空冷4スト縦置き90°V型2気筒SOHC4バルブ
  • 総排気量 = 1380cc
  • ボア×ストローク = 104×81.2mm
  • 最高出力 = 96ps(71kw)/6,500rpm
  • 最大トルク = 120Nm/2,750rpm
  • トランスミッション = 6速
  • サイズ = 全長2,455×全幅940×全高1,180mm
  • 車両重量 = 318kg
  • シート高 = 690mm
  • ホイールベース = 1,685mm
  • タンク容量 = 20.5リットル
  • Fタイヤサイズ = 130/70-18
  • Rタイヤサイズ = 200/60-16

S3にエンジンのフィーリングが近いという部分以外では、上記のスペックはこれからのオレにはちょっとデカすぎるかと。

で、そうこうしているうちにINDIAN SCOUTが発表されました。
一目で「カッコイイ!!!」とまずはそのデザインで虜に。

もちろん試乗にも出かけ、Buellと比べちゃうと薄味な乗り味は、まあ、仕方ないとして(笑)、それ以外は雷に打たれるい思い。
なんと言っても扱いきれる感がワクワクさせてくれます。

  • エンジン型式 = 水冷4スト60°V型2気筒DOHC4バルブ
  • 総排気量 = 1130cc
  • ボア×ストローク = 99×73.8mm
  • 最高出力 = 100HP(74.7kw)/NA(車検証によると8,000rpm)
  • 最大トルク = 97.7N・m(9.96kgf・m)/5,900rpm
  • トランスミッション = 6速
  • サイズ = 全長2311×全幅635×全高1,207mm
  • 車両重量 = 244kg
  • シート高 = 635mm
  • ホイールベース =1,562mm
  • タンク容量 = 12.4リットル
  • Fタイヤサイズ = 130/90-16
  • Rタイヤサイズ = 150/90-16

2015 INDIAN SCOUT DYNOぶっちゃけ、このスタイルに似合わない高回転型。
でも、もちろん低い回転で走っても、薄味ながらVツインエンジンの味を演出しながらトコトコ走ります。

左はCYCLE WORLDの記事から。
トルクは3,000rpmぐらいから殆どフラット。

何年か以内には買いたい!と思うようになって、地味にINDIANグッズを集め始めたりしました(笑)。

もうこの時点で、かなり運命的なものが働いてるとしか思えないんだけど、10月の初めにディーラーさんから電話が。

「ごーいちさん、月末即納できる車両があるんですけど、押さえませんか?!」

えーーー、まじでーーー?!
今年の初め頃から日本でのデリバリーが始まったINDIAN SCOUT、試乗に行った3月には、納車に半年かかるって言われてたもんで、その時に「予約だけでも」と勧められるも、その時にまだ心から欲しいと思ってたらその時動くやって誘いを断っていたのでした。

で、ローンやら妻の了承やら色々髙~~~いハードルがクリアになったら買います!っと返事して、ディーラーさんの尽力のおかげも大きく、1週間足らずであれよあれよと注文。

このディーラーの担当さんも元Buell乗り(笑)。
なので、S3をこよなく愛するオレの気持ちや好みはバッチリ把握していて、初めの連絡をくれた時には既に「ウィンドシールドとサドルバッグは注文する前提で見積もり」してくれてました。

ただし、SCOUTはアメリカ本国でも人気らしく、オプションパーツの生産が追いついていないとかで、後日届くことになっています。

何はともあれ、晴れて【バイク乗りたい病】の特効薬がやってきました!

Similar Posts:


6 Comments

  1. avatar
    にしむら 10月 28, 2015 10:02 am  返信

    やったね~~~!!!
    バイク復活、うっれしいなぁ~~~w
    10月初めって弾丸ツアー前じゃん!
    話して欲しかったなぁ~w

    • avatar
      Go-1 10月 28, 2015 10:45 am  返信

      Surpri~~~~se! :)

      • avatar
        にしむら 10月 28, 2015 6:11 pm  返信

        うん…確かにサプライズなんけんども…

        • avatar
          にしむら 10月 28, 2015 6:13 pm  返信

          もし試乗車まだあるなら、来月静岡に出張するから、帰りに名古屋に寄って試乗させて貰おうっと!w

  2. avatar
    #92 10月 28, 2015 1:13 am  返信

    おおー!
    おめでと〜ございます( ´ ▽ ` )ノ

    • avatar
      Go-1 10月 28, 2015 8:09 am  返信

      ありがとーー!
      時間作ってできるだけ乗りたい所存ですw

Leave a reply to Go-1 Cancel reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です