2009 MotoGP 第17戦 バレンシアGPのみどころ

、8年ぶり日本人チャンピオンなるか?!

久々のMotoGPネタ。

今週末のバレンシアGP、MotoGPクラスは前戦マレーシアGPでくんが貫禄の9度目のチャンピオン獲得で、興味はホル平VSケーシーVSロッシくんのガチバトルが見られるかどうか、という感じなんだけど(ダニは粘りのあるハスラム化してね?)、なんといっても注目は250ccクラスざます。

年間タイトルに王手を掛けている青山博一、このレースで11位以内に入れば250ccクラスでは、加藤大治郎に次いで8年ぶり3人目のチャンピオン獲得が決定するのです!

hiroshi-aoyama_01.jpg

今年はほぼ開発が止まっているHONDAのマシンは、ほとんど全戦で最高速負けしていて、ストレートではスリップに付けないとライバルに置いて行かれちゃうし、苦労してコーナーセクションでパスしてもやっぱ最終ストレートで抜き返される。
そんなじりじりと歯痒い思いの中ランキングトップで最終戦を迎えたわけで、ホントにカッコイイ!

特に前戦のセパンでは、シモンチェリとの一大ドッグファイトを見せてくれ、しかも後半はタイヤマネージメントの巧みさを活かしてシモンチェリを大きく引き離してのフィニッシュ。

まさに、原田、大ちゃん以来の「強いレースができる日本人」。

来年はMotoGPクラスに上がってくるし、4強に加わって5強となるのか今から楽しみだ。

しかし、博一がチャンプ決めてもスポーツニュースにも流れないんだろうなあ
日本の報道は間違っちょるよ。

Similar Posts:


1 comment

  1. avatar
    こぼん 11月 5, 2009 3:51 pm  返信

    ベン・スピース・・・ちょっと期待w

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です