20数年ぶりにAV(Hじゃない方)

ガレージに簡単なオーディオ。

結婚直前か直後にSANSUIの当時12万円ぐらいしたミニコンポを買って以来、ほぼ買い足しも買い換えもしなかったAV関連機器。
まあね、自分の部屋もないし、妻は音楽に内包されている細かな音を意識するタイプじゃないので、オレが音楽聴いてると音が大きい!って言われるし、そもそも自分の部屋ってのがなくなったから、音楽に限らずプラモとか趣味の色々を展開することがなくなってました。

引っ越しを機に、ガレージを自分のスペースとして使うことにしたので、AV趣味を復活させようかと思っています。
幸い超昭和建築ながら鉄筋コンクリートの住まいだし、特にガレージはシャッターの開口部以外はコンクリで覆われているから、遮音という意味では格好の環境かも。

で、いきなりハイエンドなとこ目指すと、お金も掛かるし早々に完結に向かっても面白くも何ともないので、まずはPCオーディオなるモノに手を出すことにしました。

PCオーディオって言ってもいきなり凝らなければ、なるべく高ビットレートでファイル化した音楽データをPC上のプレイヤーソフトで再生し、何らかの方法でアンプに出力するだけ。

実はAV趣味の再開を目論んで、HiViというオーディオ雑誌買うようになってたんだけど、そのプレゼントに応募したら液晶プロジェクターがモニタープレゼントに当たっちゃいました!

そこで、とっ掛かりとしては、なるべくお金を掛けないでガレージで80インチ&5.1チャンネル&3Dとうホームシアター環境と、PCオーディオを組むことにしました。

当たったのはEPSONのホームシアター入門機で、EH-TW5200S。入門機とはいえ、ビジネス用のプレゼンを投射するものとは違い、ホームシアターに特化した作りになってるみたい。フルHDだし、3D対応だし。あ、EH-TW5200という本体に80インチのモバイルスクリーンが着いてるのが”S”付きのパッケージです。

BD(ブルーレイ)もPCから再生することにして、ビデオボードの出力から、PCのモニターはDVI、プロジェクターへはHDMIでAVアンプを経由して接続することにしました。

AVアンプはPioneerのHTP-S353というお手軽モデルを選択。ある程度ハイレゾの再生にも対応してて安いヤツ、という選択肢です。

ただ、S353に付属のちっこいスピーカーは全然ダメで(笑)、SANSUIに着いていたフロントSPとセンターSP、サラウンドSPにつなぎ替えました。BDをサラウンド再生させると、センターが弱い。AVアンプでチャンネルレベルを調整したけど、まだセリフが聞こえにくいので、S353のちっこいSPをセンターに加えてみました。これで何とかマシになりました。

ハイレゾの再生は何の問題も無くクリア。
S353はBluetoothにも対応してるので、スマホのアプリでFLACファイルを再生してS353からならしてみると、以外とそれなりの音が出ました。

でも、オレはギターが好きなんだけど、ディストーション+低音みたいな時にブーミーというかゲロゲロになります^^;
PCからFoobar2000で同じファイルを再生すると全然乱れない。
色々聞き比べたりはこれからじっくり楽しもうと思います。

 

Similar Posts:


2 Comments

  1. avatar
    らいぷりーつ 2月 12, 2014 10:23 am  返信

    おっ!、ガレージ格好よくなってきましたね!。
    居住型?ガレージ羨ましいです。この時期鉄骨倉庫型?ガレージは寒くてダメです。

    • avatar
      Go-1 2月 12, 2014 10:16 pm  返信

      ははは。ウチも基本的に寒いんですよ。シャッターからはすきま風入るし、居室への階段から冷気は降りてくるし。
      なので、階段との境に遮音・断熱カーテンを二重で取り付けました。
      これで。オーディオの音漏れを10db押さえられると同時に、ストーブで暖を取れるようになりました。

      あとは、業務用エアコンが片付けば、一挙に色々進むんですけどね(笑)。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください