2009 MotoGP 第7戦 オランダGP アッセンTT(決勝)

まずは250、青山優勝おめでとう!
そしてロッシ君、ビバ!GP通算100勝!

青山2勝目!

250決勝は2番グリッドだった青山がスタートに失敗、6番手くらいまで順位を落として1コーナーへ向かうところから始まりました。

レース中盤まではなかなか順位を上げられず、どうなっちゃうのかと思っていたら、残り12ラップくらいから一つずつポジションアップ。ラスト7ラップくらいにバウティスタをかわすと残りは激しいバトルに。

そしてなんとラストラップ直前のシケインでレイトブレーキ勝負になって、突っ込みすぎた青山が切り返しでラインに戻ってきたところへバウティスタが青山のリアに激突!
共倒れになるかと一瞬心臓が止まりそうになりましたが、青山は何とか踏ん張って残りを走りきって優勝!

マフラーもリアフェンダーも曲がってしまってたし、特にリアフェンダーはリアタイヤに接触してたようで、最後まで走りきることができてラッキーでした。

それにしても、今期ワークス参戦していないHONDAのマシンでの快挙、漫画みたいにキモチイイ!

しかし、バウティスタ、シモンチェリ、バルベラあたりはいつも一触即発のカミカゼファイトで、ヒヤヒヤするけど、観てる方は最後まで何が起こるかわからないから楽しめるよね(笑)。

青山、現時点でポイントリーダーです!!出るか、2001年の大ちゃん以来になる日本人チャンプ!

ヴァレンティーノ・ロッシ通算100勝達成!

MotoGPクラスは、スタートに失敗したホル平が逃げるロッシ君を追いかける展開になりますが、ラスト10ラップはロッシ君が徐々にホル平を引き離して楽々の優勝!
強すぎる時のロッシ君の勝ち方でしたね。

100勝目のコース上パフォーマンスは何をやってくれるんだろうと楽しみにしていると、なんと1勝目から99勝目までの写真を網羅した長い長い横断幕でした。

ホル平は終盤、約2秒の差を詰めようとロッシ君を追いますが、タイヤに負担が掛かりすぎるということで、2番手キープに切り替えて、手堅く2位表彰台。
「今日のヒーローはヴァレンティーノだから。100勝したなんて、とんでもない数字で、信じられない」
前回カタルーニャでの一大バトル後のインタビューもそうだったけど、どうにも悪ガキっぽくないホル平の受け答え(笑)。
紳士的で感動的だけど、個人的にはビシビシ言っちゃって欲しいよね(笑)。闘志を内に秘めることを覚えるくらい大人になっちゃったのか?(笑)

ケーシーはどうも気迫がない感じですね。インタビューもキャンセルしてたしね。体調がまだ悪いのかな?

相変わらずロケットスタートを決めたダニでしたが、またもや転倒! 大腿骨の股間付近を骨折したまま参戦を続けてるわけですが、サマーブレイクまでは休みたくないんだろうけど、それまではこのアッセンから4連戦だからなー。しかも、次戦はハードなハードなコークスクリューが待つラグナセカだぜ。

最近気を吐いているドヴィッちも途中転倒リタイアなので、ワークスであるREPSOL HONDAは暗雲立ち込めてます。

正反対なのはFIAT YAMAHA。ロッシ君もホル平も絶好調なので、チームポイントはぶっちぎりっす。

さて、ニッキーですが(笑)。DUCATIサテライトでデビューイヤーのカリオに先行を許すようでは、さすがに辛いのでは。最終的にはカリオは途中でコースアウトしたんだけど、ニッキーは8位。以降、9位にカピロっち、10位にデ・ア、11位にハヤテのマルコメ、シケインコースアウトで未通過と見なされて20秒のペナルティを食らったエリアスは12位。
となると、その後ろにはPramac Racingのカネパと、復帰後パッとしないGrupo Francisco Hernandoのセテっちとユーキと途中参戦のタルマクシだけ。
ん? ユーキ以外は全部DUCATIじゃんね。ビリ5番中HONDAとDUCATが2台ずつとKawasakiと非ワークスばっかってのは、やっぱ、DUCATIはケーシー以外ではレースで操れないって事なのかな…。

Similar Posts:


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です