2011 日本GPと原発事故とライダーの憂鬱

MotoGPライダーのボイコット宣言

Valentino_Rossi2011年3月11日に東日本を襲った大地震と津波と原発事故。
これを受けて、世界中が日本に「がんばれ日本」とエールを送ってくれ、MotoGPを走る各クラスのチームやライダーからも熱い応援が届けられました。

もともと4月に予定されていた日本GP(ツインリンクもてぎ)は当然のごとく延期になり、10月2日の開催と決定。

ところが、現時点でも福島の原発事故は収束の兆しも見せず、連日あちこちで放射性物質の発見や、放射線量の異常値が報道される有様。
しかも、政府は人体へ影響を及ぼす放射線の許容量を引き上げるという間抜け且つ横暴な対応をしたり、「直ちに健康に影響はない」といういかにも責任逃れ的な発表を繰り返すだけ。
さらに、政府や安全委員会の発表する情報が原発ありきの立ち位置から発せられていることは明らかで、全く信用できないという状況が今も続いています。

そんな中、ロッシくんが「日本行き絶対反対」の音頭を取りました。ロッシくんの名前が前面に出たのは、彼自身がヴァレンティーノ・ロッシの発言がもっともMotoGP界に影響力があると自覚していたからです。一時は各チームに雇われている形であるライダー達が表立ってレースをボイコットするなんて、立場をはき違えているという批判を恐れて、そんな署名は存在しないと呼応ぜんの秘密でしたが、事実は1名を除いた全MotoGPライダーがボイコットの署名を行ったという報道が出ました。署名しなかった1名のMotoGPライダーは青山博一選手で間違いないでしょう。

オレの考えとしては、MotoGPライダー達の行動ははすごく普通の反応だと思います。だって、自分や自分の家族が被爆する可能性が少しでもあるなら、そんなリスクは避けて通りたいと思って当然でしょう。実際にオレもオレの妻も、普段の買い物でさえ、福島に近いところから来たものは買わないようにしています。風評被害だと批判されても結構。「直ちに健康に影響はない」ものを子供に与えて、数年後に影響が出るようなリスクは犯したくないからです。

被災地で実際に生活している人の立場からすると、「我々が今現在生活しているエリアを危険だと言われ、だから行きたくないと言われることは非常に腹立たしい」事だと思うし、そういう声も多く見聞きしました。 
だけど、これも怒りの矛先が違うんじゃないかなあと思います。国も東電もその大きすぎる責任を真摯に受け止め、被爆の危険性のあるエリアを客観的且つ明確に指定して、住民の退去と移転先と仕事の確保をすべきだと思います。

「がんばれ日本」と言っておきながら自分は日本に来たくないのか、ならばエールは偽善じゃないのかという批判もよく目にしました。
だけど、これは論点がずれています。例えばチェルノブイリの被害者を支援するなら支援者は全員チェルノブイリに行けと言ってるのと同じくらいずれています。

そして、「被災地ではMotoGPの開催で少しでも元気を取り戻すことが出来る。そのためにチームに雇われているライダーは日本GPで走る義務がある」という意見も散見しました。
オレ自身、阪神淡路大震災の被災者となった経験があります。当時、これだけバイクやGP好きなオレでさえ、レースなんてどうでもよかったです。それどころじゃなかったんですよ。
もちろん、被災の状況や個人の性格によってそんな中でもレースを見たいという人もいるでしょうし、そういった人たちを批判する気なんてさらさら無いんですが、そういう人たちが多数派だとも思えないんですよね。

結局、各チームやドルナの調査などで「もてぎは安全」という報告が出され、各チームも正式に参加表明を出し、予定通り日本GPは予定通りもてぎで開催となりました。

もてぎは安全か?

天災からの復興には自ずと時間がかかるが、原発事故の政府の対応はあまりにも酷すぎます。 
この期に及んで、原発政策の正当性を否定できない意志の弱さ、安全委員会が如何に客観性に欠けた組織のままであるか。
原発事故の被害は数年後にならないと見え始めないことを承知の上で誤魔化し続けてるとしかか思えません。
まあ、利権も絡みまくってるからなんですが、むしろ幼稚すぎる

茂木が安全かどうか?ではなく、こうした状況下での日本の情報を海外の人がオレ達日本人以上に信用できないのは当然のことだと思います。
だから今回のように日本GPのためにもてぎへ行っても安全なのか?という疑問がこれほど長期間に渡って膨れあがり続けたんでしょうね。

そもそも、事故がなくても放射性廃棄物は1億年単位で危険な状況のまま、安全な処分の仕方がわからず先送りされた状態で運用されている事実だけでも、原発はシステムとして地球規模の欠陥があるし、コストも全く安くない、逆の意味でプライスレスだと思うんですよ。

オレの個人的な気持ち

そんなわけで、オレ個人としては今年は日本GPは中止になっても良かったんじゃないかと思ってます。
開催決定した時点でこんなこと言うのも意味が無いかもしれないし、レースに水を差すかもしれないけど、ロッシくんほどの影響力があるわけじゃないから(笑)、言っといてもいいでしょう。

最後に、「そんなにもてぎでレースをやりたければ、青山とワイルドカード16人でやれば」的発言をしたロレンソ。如何に若いからとはいえ冗談で言っていいことと悪いことがある。大好きな選手だったけど、ちょっと、もう、応援する気になれない。

Similar Posts:


4 Comments

  1. avatar
    バーバー 9月 26, 2011 7:08 am  返信

    やはり情報開示が遅れすぎたのも原因の一つでしょうね。
    僕も今年は無くても仕方ないよなと思ってました。
    仮にやるんであればパドックの空気全体がもっと前向きになるような(それこそ復興支援を全面いだすとかとか)GP開催になれば良かったと残念にも思います。

    が、やると決まった以上盛り上がってほしいなぁと思います。

    • avatar
      Go-1 9月 26, 2011 7:32 am  返信

      せっかく開催が決まったのに観客がガラガラってことがなければいいなあとちょっと心配しています。
      茂木には2回ほど行ったけど、やっぱ遠いし家族で行くと10万円コースだしでそうそう行けないんですよね-。
      鈴鹿は毎年のように行ってたんだけど…。

      直前までボイコット問題があったのでイベントそのものが準備不足でなければいいんだけど。
      上手く盛り上がってほしいもんですね-。

  2. avatar
    #92 9月 25, 2011 7:01 pm  返信

    個人の日記やから自由やけど 偏った意見でめちゃネガティブに見えるょ

    読むんしんどなって途中で諦めてもたわ

    みんなわかってんねん。楽にいこうぜ!

    • avatar
      Go-1 9月 25, 2011 7:53 pm  返信

      ははは。まあ、あくまでも個人的に思ってることで問題提起とかしてるつもりもないので、そういうノリでコメント頂ければ(笑)。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください