人生初! リプレイスメント リアサスペンション購入!

ついに購入! リアサスペンション

ast-s3_07.jpg1台目となる’98 S3 Thunderbolt・雷電一世号購入時より念願の、リアサスペンションリプレイスを敢行しました!チューブフレームのXL系Buell乗りの永遠の宿題であるリアサス。
その選択肢は[物欲コーナー:リアサスペンション]にて詳しく解説しました。

そして乗りなら誰もが抗えない言霊、それは「初物」。(笑)。
人柱になることを恐れない我々Buellistaの精神に則り、今回はその中でも、国内装着率ゼロ(多分)のAST (Advanced Suspension Technology)製を入手すべく、AST本社に直接オーダーしました。

オレ様専用のオーダーメイド

0555AEA2-28DB-45DA-B229-9E32041DF838.gifどうせメーカーに直接注文するのならと、カスタムメイドとしてオーダー。
まずカラーリング。

S3用の市販品(BU4014S-0064-M1)はオールブラック仕様なのだそうです。
これはこれでかなりカッコイイです。

スプリング越しに見えるダンパーボディーのASTロゴもそそります(笑)。
Buellはここが注目されるという確信犯だと思います。

写真ではアルミ製のダンパーのアジャスティングノブはオレンジになっていますが、ASTに見積もりを貰う際にわかったのですが、ストックはアルミパーツもブラックだそうです。

ast-s3_01.jpgしかーし、Buellにヤられた人の多くがそうであるように、「そこにある白いスプリングが燦然と輝いて見える」もの。
そこで、その機能美に敬意を表して、ブラックボディ+ホワイトスプリングにしてもらいました。

ヒュー! めっちゃっカッコイイ!!

ああ、一目惚れの感動を再確認

ステキな陸上部の女子に密かに想いを寄せていたのに、ある日、ふと気づくとそのカモシカなような脚は失われて、バレーボール部の脚になっていた。
そんなWPからSHOWAへのリコールなのでした。剰えさらにエンドアイに醜い円錐形のカバーを追加された日にゃ(女子バレーボール部の脚が好きな方、ゴメンナサイw)。

それはさておき。

カラーリングの変更はオプションとして用意されていて、パーツごとに値段が変わるようです。

ast-s3_05.jpgさらにさらに、なんと言ってもオレ様仕様の最大の特徴はASTの市販XL系Buell用モデルにはない油圧式プリロードアジャスターの追加
XL系用モデル+油圧式プリロードアジャスターは、メーカーオプションにすらない正に特注品です!

これにはこだわりがあって、Buellのリプレイスメントリアサスは、初期のWP製と同じくスプリングを2枚のプレートで挟み、そのプレート同士を繋ぐロッドの長さでプリロードを調節するタイプが大半を占めるのですが、このプレートを平行に締め付けるのって、結構細かい気を遣うのです。
そこで、絶対に欲しかったのが油圧プリロードアジャスターなのです。

油圧プリロードアジャスターがあれば、いつでもどこでも手軽にプリロード調整が可能になります。TRX850WPフルアジャスタブルを奢っていた(中古だけどw)時にもすごく重宝したものです。

特にS3の用途は、スポーティーに走ったり、高速をかっ飛んだり、のんびり走ったり、パニアケースの容量をナローにしたりディープにしたり、荷物を満載したりしなかったりと実にオールマイティー
そんなとき、どこかにリアサスの設定を合わせると、その他が多少なりとも我慢の走りになるわけですよ。ちょっと大げさに言ってしまえば。

これまで使用していたSHOWAのリアサス(WPからリコールで交換になったもの)はプリロードをいじるためには、35mm55mmというホームセンターはおろか、ちょっと大きめの工具屋さんでもなかなか置いていない超大型サイズのレンチが必要なのです。
オレもこのサイズのレンチは入手していません。理由はなかなか売っていないことと、見つけたとしても1万円を超える値段が付いていること。ついつい安く済ませようと大型のモンキーレンチ系やパイプレンチ系で代用していました。それにしたって数千円の出費ですが、55mmなんていうSHOWAのリアサス以外には一生使わないかもしれない工具を買うよりは利用価値があろうというものです。

そんなわけで、SHOWAのリアサスのプリロード調整をする時には、ウォーターポンププライヤーを使っていました。当然くわえ込んだ際にロックナットに傷が付くし、正しい工具を使っていないので、ナットもナメがちですが、愛着がないからぜんぜんOKです(爆)。

本来、ライダーの体重やタンデム、荷物の重さに合わせてその都度プリロードの設定が必要なのですが、殆どの場合、予想される最低重量から最大重量までを大雑把にカバーできるメーカー規定値が決められていますので、Buell以外のバイクではプリロードはそれほど気にはなりませんでした。

が、S3はダメです(笑)。ライダーの体重100kg+タンデム80kg+パニア20kgくらい想定してんじゃないの?! と言いたくなるくらい、プリロードのメーカー指定値が高いから、プリロードを抜き気味にすると今度は全く腰がなくなるというアメリカ~ンなカンジ。

そんなS3のプリロード、一人じゃ正確にセッティングできないし(これはBuellに限らず)、その手間が掛かるしで、プリロードで調整すべきところも、結局いつもダンパーの調整でしのいでいました。

しかし! 油圧プリロードアジャスターさえあれば、タンデムや荷物の重量似合わせて、正確に1Gや1G’を数人掛かりで測らなくても、大まかにセットしたあとは実走しながらちょちょいと一人でお手軽に調整可能になるのです! スバクラカシイ!

デフォルトの機能

のバイク用リアサスペンションの基本機能として、コンプレッションは高速11段階・低速14段階が別々に、リバウンド側は15段階に調整可能なのですが、Buell用のBU4014S-0064-M1はダンパー部を逆動作(引く)でダンピングを効かせることになるので、リバウンドが高速11段階・低速14段階、コンプレッション側が15段階ってことになります。

リバウンド側が高速・低速別々に細かく調整できるメリットってあるのかないのかわかりませんが(笑)。
本来コンプレッション側に必要な機能だからそっちに付いてるもんでしょ。

ast-s3_04.jpgこっちはコンプレッションダンピングアジャスター。ダンパーボディ側に付いています。

エンドアイの長さををボルト・ナットで変更する車高調整機能はありません。

組み付け

はやる気持ちを抑えて一通り写真を撮ったあと、さっそく組み付けました。
特に難しいところはないんだけど、リザーバータンクを留めているメタルバンドのナットにアクセスしにくいのでちょっと難儀しました。

ast-s3_08.jpgASTの指定では、きっとフロントのエンジンハンガー部分のフレームに油圧プリロードアジャスターのリモコン部を固定することになっるんだけど、どうもこの場所はカッコ悪いし、できればシートに座っている状態でプリロード調整がしたいので、この位置にしました。

今は仮留めです。固定方法は考え中です…。

さてここでちょっと注意が必要なのが、油圧プリロードアジャスターが、サスのフロント側に付いているので、サスがストロークする時にスプリングと一緒にリア側へスライドするのです。
普通はダンパー本体に固定されるリア側に付けると思うんだけどね(RSS1200もそこに付いてます)。

なので、油圧プリロードアジャスターのリモコンを繋ぐホースが、ストローク時に引っ張られてテンションが掛からないようにする必要があります。

ちょっとした…

ところで、オーダー後に商品が届くまでにはちょっとした出来事が。

仕様を確認して、クレジットカードで決済後、あとは、スプリングの塗装待ちで、3日後の月曜日には白く塗装されたスプリングを組んで発送しますという連絡を最後に、1週間が過ぎても輸送会社やトラッキング番号などの連絡もこなくなっちゃいました

クレジット決済の明細等は既に届いているのに、こちらから2度ほど経過の連絡を要求しましたが、梨の礫。

10日ほど経過した頃に、別の担当者から連絡がありました。

ast-go-1_b.jpgなんでも、オレが発注した仕様(油圧プリロードアジャスター付き)を、ASTのWEBサイトやフライヤーに使用するために、黒いスプリングを組み付けて写真撮影に回していると。
そのためにかれこれ2週間発送が遅れるというのです。

おいおい、そんなのは撮影用に別のもん組み立てろやw。

左がその申し開きと共に添付されてきた写真です。

めっっちゃカッコエエから許す。

え? バンプラバーまでブラック?
プリロードアジャスター、スプリングのストローク側に付いてるの?
スプリングのプレートも頑丈そうなデザインに変わってる?
リンクロッドもメッキからブラックになってる?

などなど、期待に胸を膨らませながら、オレのサスの到着を首を長くして待っていたのです。

特注オーダーとメーカー直接購入()の費用

さて、おいくら万円掛かったのかというと。

  • サスペンション本体(BU4014S-0064-M1) ? 685.78
  • 油圧プリロードアジャスター(HPAD-A1-B1-001)追加加工込み ? 125.00
  • スプリングカラーオーダー ? 35.00
  • 送料 ? 125.00

決済時のユーロ・円換算額が5%のカード手数料込みで¥ 136,042

基本料金にはライダーの体重やメインの用途に合わせたスプリングレートの設定が含まれています。
オレは「ライダー70kg、基本用途をディープケース装着(荷物は左右各2kg以内)として、高速道路とストップ&ゴーの多い市街地とワインディングをまんべんなく走るが、サーキットは走らない」と伝えました。
結果的に多分、標準のスプリングレートなんじゃないかと(笑)。

過去のエントリー『物欲コーナー:リアサスペンション』を参照してもらえれば、これだけの機能かつカスタムオーダーでこの金額なら安いと思いません?(笑)

気になるインプレッションは改めて書きますー。

Similar Posts:


21 Comments

  1. avatar
    ハッシー 1月 2, 2011 9:38 pm  返信

    ありがとうございます。
    アメリカに親戚がいるので、
    英語に翻訳してもらってオーダーしてみます。

    大変ありがとうございました!

    あ、そうそう。明けましておめでとうございます。
    今年の初乗りはビューエルでした。
    残りの2台は明日以降です。

    • avatar
      Go-1 1月 3, 2011 6:48 am  返信

      アメリカに親戚がいるとは羨ましい!

      オレは中学生英語と翻訳サイトででたらめなやりとりをしました(笑)。

      欧州のお約束で、バネレートはやや低めの選定がされると思いますので、
      具体的なレートの希望があれば前もって伝える方がイイかもです。

      オレは最近コーナリング<ツーリングなので(笑)、今の仕様で特に不満は出ていないんですけどね。

  2. avatar
    ハッシー 12月 31, 2010 8:21 pm  返信

    突然コメントして申し訳ございません。
    熊本県でS1Wに乗っている者です。

    いつもHP拝見させていただいております。

    実はBU4014S-0016-M1油圧プリロードアジャスター付の購入を検討しておりますが、ASTとのやり取りの仕方が分からなくて困っています。ADDtoCARTもありませんし・・・。

    もしよろしかったら購入されたときの手順を教えて下さいませんでしょうか?

    可能でしたらご返答宜しくお願いいたします。

    • avatar
      Go-1 12月 31, 2010 8:40 pm  返信

      ハッシーさん、こんにちは。

      AST購入へ踏み切る方がぼちぼち増えてきていて人柱としては嬉しい限りです。

      発注方法ですが、ASTへメールして購入しました。
      メールの内容は、
      日本から購入したいこと、バイクと年式、
      使用する状況(高速何%、市街地何%、タンデムの頻度etc)、
      自分の体重、パニアケース常備、サーキット走行はほとんど考えない
      といったところでしょうか。

      その上で、前例がなかった油圧プリロードアジャスターを追加したい旨を伝え、
      このような条件で購入可能かどうかを問い合わせました。

      すると、送料を含めて大まかな見積もりを記した返信をいただいたので、
      カラーのオーダーを加えて再見積もりをしてから発注しました。

      カラーサンプルにはネットから拾った写真などを添付するといいです。

      決済はクレジットカードで行いました。

      オレはもちろん、相手のASTも英語は母国語じゃないので、気になる点はかなり執拗に念を押しました。
      特に油圧プリロードアジャスターはオレのが最初のはずですが、
      その割には追加料金が安かったので。
      (後にオーダーのメニューに加えることにしたためなんですけど)

      というわけで、すべてメールでやりとりしました。
      お役に立てたでしょうか。

  3. avatar
    KAZ 3月 10, 2010 2:18 pm  返信

    150mmが自由長です。
    バネを切るってことはない(巻数が変わるとバネ定数も変わるので)です。
    自分のは180mmがついてます。
    注意書きも同じ(油圧プリ無)でした。
    20mm程度のプリロードでセッティングってものセオリーに近いんですけど、
    ちょうどいい感じにしようとするとどうしてもプリが多い方向になってしまいます。
    多分7.5kgでもう少しプリを抜いたほうがしっくりくるのかなあなんて想像してます。
    61ってのは巻き線径だと思います。
    ちなみに寸法的にはオーリンズのバネ、白がよければホワイトパワー使えますよ。
    多分社外のモノショックのバネ巻径ってみんないっしょかも。

    好みもありますけど、レートあげてプリを抜いた方が初期がさらに動くので
    Go-1さんの狙いでもそっちのほうがいいかも。
    動き過ぎはダンパーで調整できるのでピッチングのタイミングがチグハグってのも無くなるかもです。

    • avatar
      Go-1 3月 10, 2010 3:11 pm  返信

      ははは。さすがにぶった切ってはないですよね(笑)。

      とにかく、初期のWPサス体験者としては、跳ねまくるWPへの反動でしっとりしたサスの憧れがありまして(笑)。

      でも、WPも荷物満載でぶっ飛ばしてる時はコーナー決まったんですよね。

      今度はストリートで流しているときも、高速道路でもコンフォート方向で、
      ワインディングでは軽く攻めてちょうど決まるくらいにしたいのです。

      せっかく油プリまでつけてるので、それぞれの基本セッティングが見つかれば、
      状況に応じてささっと切り替えられたら楽しいなと思います。

      とりあえず現状のバネレートで、理想の方向性が体でわかるようになりたいなと思っているところです。

      たぶん日本で2人のBuell+ASTユーザー同士、情報交換よろしくです~。

  4. avatar
    KAZ 3月 10, 2010 11:55 am  返信

    好みの問題ですかねえ。
    まだ走りこんではいませんが、サグの設定と少し走った印象だと、
    18mmプリロードで設定しましたが、7.5kgでプリをもう少し抜いた感じのほうが
    初期がもっと動いて奥で頑張ってくれるようになるかなって想像です。
    手持ちのバネで交換しようとして発覚したのですが、
    バネ交換は一時断念しました。
    構造上の問題でプレートを外した後のシャフト径がプリロードアジャストナットの径より大きくて
    抜けません。
    どうもリザーバーホースを外して逆側から抜くようです。
    ASTにオイルの仕様を聞いてから再チャレンジですね。

    • avatar
      Go-1 3月 10, 2010 1:36 pm  返信

      なるほど~。参考になります。

      オレはコーナーでブレーキングやアクセルを開けたときにリアがぐっと入る感じが安心するので、
      ノーマルサスの時はパニアに荷物が入っているツーリング先での方が
      コーナリングが決まることが多かったです(笑)。

      ASTで狙っていこうかと思うのもそういう安心方向に振れたらなあと思っています。
      ほぼ一般道しか走らないので絶対スピードは、もういいので(笑)。

      オレのはゴツイ油圧プリロードアジャスターのせいで、
      スプリング長が組み付け状態で約125mmくらいです。
      スプリングにプリントしてある150ってのが自由長なら、
      すでに25mmのプリロードがかかってるってことですかね?

      いや、なんかそうじゃなくて、150mmのスプリングを
      ぶった切ってつけてるんじゃないかと思うんですが^^;

      ともかく、一緒に送られてきた注意書きには、
       1. 15~20mmのプリロードをかけて車高を調整
       2. コンプレッションアジャスターを最弱から4クリック戻し
       3. リバウンド(高速)アジャスターを最弱から5クリック戻し
       4. リバウンド(低速)アジャスターを最弱から4クリック戻し
      とした上で~手書きで~
      「キミの場合は基本的にプリロードをアジャストプレートで調節して、
       油プリでの調整は少なめにね!」
      って書いてありました。

      今テスト中のセッティングは
       プリロード10mm
       ダンピングは全て最弱から3クリック戻し
      というヤワヤワの状態を体に覚えさせようとしてます。

      ちなみに、これだとコーナーでピッチングのタイミングがチグハグです(笑)

  5. avatar
    KAZ 3月 6, 2010 2:08 pm  返信

    届きました。

    いいですねえ。
    1Gでの入りが全然違います。
    オーリンズなんかよりフリクションが低い感じですね。
    他車種用比較ですけど。

    ただ少しスプリングレートが低かったようです。
    (70kgと言っていましたが、たぶん通常でいう7.0kg/mmだと思います。)

    ちなみにGo-1 さんはどのくらいのレートでした?
    (スプリングにプリントあるかと。)

    • avatar
      Go-1 3月 6, 2010 5:48 pm  返信

      届きましたか! オメデトウございます!

      オレはリアサスのリプレイスが初体験なので、他社製品との比較はできないんだけど、
      このしなやかさには満足しています。

      スプリングレート、オレのには「AST-150-70-61」ってかいてありますね。
      150は自由長かな。70=7.0kg/mmだとして61ってなんだろ?

      オレはまだ今のところほとんど攻めるような走りをしていないので、
      リアサスがよく動くBuellの新鮮さに支配されていますが(笑)、
      KAZさんはどんな場面でスプリングレートの低さを感じますか?

  6. avatar
    Go-1 2月 23, 2010 12:04 pm  返信

    >KAZさん

    おお~~、たぶん日本で二人目だと思います(^_^)b

    ということは、油圧プリロードアジャスターはオーダーしなかったんですね。
    ムダにゴッツイ油圧プリロードアジャスターが、バカっぽくていいですよ(笑)

    早く届くといいですね~。
    スプリングのテンションプレートのアルマイトは地面に直接置いても傷がつくので要注意ですよ!

  7. avatar
    KAZ 2月 23, 2010 9:52 am  返信

    >Go-1 さん、あらためまして。
    買いました。
    他の物もあるので現在到着待ちです。

    実はこちらを拝見して購入したのではなくて、
    TWIN motorcycle で発見し海外では割と評判よいので注文したのですが、
    日本ではじめて?なんて思ってたのですが、全然先越されてました。

  8. avatar
    Go-1 2月 22, 2010 9:09 pm  返信

    >KAZさん

    こんいちは-。ようこそいらっしゃいまし。

    オレもTWIN MotorcycleでASTを発見して、ASTに直接オーダーしました。
    どうしても油圧プリロードアジャスターを付けたかったので。

    で、KAZさん、買ったんですか?!

  9. avatar
    KAZ 2月 22, 2010 8:14 pm  返信

    はじめまして。
    99M2乗ってます。
    オーバーホールもと思ってたところ、Twinmotorcycleにカラーカスタム品が在庫アリ。
    また、スプリングが100kg設定とのことで質問したところ在庫品でも無料で対応。
    どうもASTとは仲良しみたいです。
    基本的にオプション含めて価格は同一で、送料はちょっとお安く60ユーロでした。
    購入検討の方に参考になれば。

  10. avatar
    Go-1 10月 25, 2009 4:34 pm  返信

    >カモメのジョナサン

    アイソレーターがイカレてるので、まだ本来の味をお預けなのですが、
    それでもノーマルとのこの格差!(笑)

    オレもアフターは心配もあるんですけど、
    デザインの好みと人柱根性でw行っちゃいました。

    ちゃんとしたインプレはアイソレーター交換後ね(笑)。

  11. avatar
    カモメのジョナサン 10月 25, 2009 3:09 pm  返信

    やりましたね!

    前から気にはなっていたんですが、
    アフターが心配で結局ペンスケちゃんにしたんです。

    油圧プリロードアジャスター付けれるとは!

    う~ん、しかしその勇気に乾杯!!

    インプレ、楽しみにしてます。

  12. avatar
    Go-1 10月 25, 2009 12:53 pm  返信

    >こぼん さん、びんちゃん

    どう、どう?w

    もうね、ぶっちゃけ機能云々よりも『機能美』だけでも買いでしょ?w

    びんちゃ~ん、狙ってるなら造るの止めちゃう前に買ったら?
    正常なノーマルからでも変える価値十分にありますぜ。

    ギャップに乗るのが楽しみになる? くらい。
    Buellに最初に乗った時のような感動で、メットの中でニヤニヤしちゃう。

  13. avatar
    びん 10月 25, 2009 12:43 am  返信

    おおこりゃすげ~

    基本マネっこしないのがBuellerのお約束ですが
    私のショックがへたったらマネっこしますw
    ただし私もカラーオーダーかけて色は変えるかな?
    でも仕様はマネっこで...w

    ロングインプレッションもよろすく...

  14. avatar
    こぼん 10月 24, 2009 9:32 pm  返信

    カッコ良過ぎ!w

  15. avatar
    Go-1 10月 24, 2009 7:16 pm  返信

    >ひらの さん

    激シブでしょ?! w

    リプレイスを真剣に考えた時に、今手に入る製品の中で、
    ASTが一番理想のデザインに近かったんですよね。

    確かに、OHの心配はあるんですよね。
    まあ、リプレイス品はOH可能な作りになってるので、
    対応してくれるお店さえあればいいんですけど。

    スイングアームは不具合ないんだけど、アイソレーターは早く換えたいですよ(笑)。

  16. avatar
    S3ひらの 10月 24, 2009 4:05 pm  返信

    相変わらずマニアックというかなんというか・・・。
    自分も人柱になるリスクは嫌いじゃない方(笑)なんですけど
    それ以前に海外のサイトにオーダー出来るような英語力が皆無な為
    気になるものは多々あれども、どれも実行出来ずに早幾年月。

    それにしてもシブイサス!プリロード付きって所がかなりミソですな。
    値段も内容からするとかなりリーズナブルな感はありますね。
    OHもカシメが無い組立式だと意外と汎用サイズのOリングなんかを
    多様してる場合が多いから意外と問題無いかも。

    あとはスイングアームとアイソレーター交換でリア周りは一段落でしょうか?

    11月の総会の間に合うといいですね。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です