BMJ 全国OFF 四国(その1)

久々にBMJのOFFミーティング

てなわけで、 Mailing List of Japan)の全国オフに参加しました。今年は四国の真ん中、『木の香温泉』で開催です。

いつもは誰かのプランに乗っかって、いそいそとついていくんだけど、今回は未だ未体験のしまなみ海道を走ってみたくて独自ルートを引いてみました。

神戸(三木)>山陽道>尾道>しまなみ海道>今治>今治小松道>松山道>松山(砥部・砥部焼観光センター炎の里)>松山道>いよ小松>R11>R194>道の駅木の香(木の香温泉)

プランに入れているのはしまなみ海道の景観を楽しむことと、因島の大浜PAにあるはっさくソフトを食うこと、大島の道の駅よしうみいきいき館で、取れたての魚介を七輪で焼いて食うこと、砥部の砥部焼観光センター炎の里で砥部焼の絵付けを行うこと。

で、道中はオレの独断でいいとして(笑)、今回プランに乗っかったびんちゃんに確認すると、砥部でろくろ体験をしたいってことだったので、大浜PAといきいき館の営業時間を確認して、開店直後にお目当てのメニューにありつける時間と昼飯を炎の里で取れることを考慮して時間を計算。
ろくろ体験の時間を12:00として予約を入れました。

そうすると5:30に三木SAを出発すれば、のんびり走ってもちょうどいい時間になるんじゃね? という逆算で、びんちゃんとの待ち合わせ時間を決定。

朝からtwitter連投

三木SA普段あんまり「~なう」的なつぶやきはしないオレなのですが、待ち合わせ時間になっても相棒が待ち合わせ場所の三木SAに来ないことの不安を茶化してごまかさずには居られず、「まだかな?」的なツイートを一発。いわゆる「ぽつーーーん」。
びんちゃんのケータイに掛けてみるもいつもの留守電。

10分経過。
まあ、これくらいはBuell乗り的にはいつものことだから。と思いつつ、V-TWINの排気音に敏感になる。
再度「まだかな?」的ツイート。

20分経過。
トラックの排気音にも敏感になる。
ある予感がよぎる。
予感を打ち消そうとケータイに掛け続ける。

25分経過。
予感は確信になる。
ケータイに出ないってことは移動中か爆睡かの二択だけど、オレの確信は6:00になったら自宅電話に掛けてみるしかないという方へ。

30分経過。
6:00。
休日の早朝に他人様の自宅へ遊びの電話を掛ける自己嫌悪に苛まれつつ、モーニングコールになるという確信を持って、サービス料無料にて掛けさせて頂きました。奥さま、大変申し訳ありませんでした。

50分経過。
開店した三木SAのロッテリアにてタンドリーチキンバーガーセットをジンジャエールで頂きながら、さらに絶品チーズバーガーを追加してガッツリ朝食。そういえば、寝坊したくないのと遠足前の法則で3時起きだった。
食後のツイート。
「びんちゃん寝とったーー!」
関西人ならオチのない話はそもそも口火を切ってはいけない。

90分経過。びんちゃん到着でやっと本日のツーリングスタートです!(笑)。

予定巡航速度変更

オレにしては綿密に立てた計画(笑)だったので、できるだけちゃんんと履行したい。
なんといっても今回はびんちゃんのろくろ体験の時間を予約してある。
しかも、炎の里に11:30には余裕で着いているはずなので、BMJでお昼ご一緒できそうな方募集までしちゃってます。

予定巡航速度は90km/hだったけど、34%ほどアップしました(笑)。

お互いタンクは満タンにしたので330km以上は無給油で走れる計算です。

大島PAS3でその速度域での巡航は鼻歌もんなので、ちょいちょい変化を付けるために前走車を追い越したりしながら、特にストレスもなく一気に大浜PAまで走っちゃいました。

予定通りはっさくソフトを食います。普通に旨い。
ってか普通のオレンジ味のソフトでした(笑)。

ADから巻きのサインが出てるのでさくっと次行きます。
はっさくだけに。
しまった、ムダにクオリティの低いボケをかましてしまった。
スンマセン、追い込まれるとクオリティよりも納期を優先してしまうリーマン気質が顔を出します。

初体験のしまなみ海道はところどころ爽快な景観を見せてくれました。早朝の清々しい空気と相まって、朝日を反射する波頭、小さく切り出された小島の群れ、青空と巨大な白い吊り橋のコントラスト。

来島海峡大橋大浜PAからちょいと橋を乗り継いで大島のよしうみいきいき館へ到着。
ここもガイドブックで見て是非とも寄りたかったところで、眼前の小さな漁港で水揚げされた新鮮な魚介類を食べることができます。
あ、冷凍もんもあるんだけど(笑)。
なかでも七輪を借りて(200円)炭火で炙って食べるサービスがあって、これが目当て。

よしうみいきいき館キスに大アサリ(これは冷凍)、ニシ貝などを炙りつつ、いかの刺身をつまむ。
日本酒がなきゃいけないシチュエーションなんだけど、ここはノンアルコールビールで我慢。

いきいき館を出掛けに今回岡山から自転車でしまなみ経由で会場入りする(!)2台目ちゃんに電話してみると、ちょうどしまなみ海道を疾走中。すげー。
また、今回の幹事さんにも電話を入れました。
ちょっと遅れてますと報告してエンジンに火を入れます。

再びしまなみ海道に乗るんだけど、ちょっとワインディング走りたい病がむくりと顔を出したので、大島を半周しました。いや、結果的にワインディングじゃなかったんだけどね。

いきいき館から見上げていた来島海峡大橋を渡って今治へ。
高速道路はここで一旦終了で、今治小松道の今治湯ノ浦ICまでR196で市街地を10kmほど走ります。

今治小松道に乗ったところで、ナビでは炎の里への到着予定時間を12:30と表示。
ナビ上では巡航速度は85kmで設定してるので、ちょっと飛ばせば15分遅れくらいで着かないかな、と思ってアクセルを開けたんだけど、片側1車線では前走車に追いついた時点でペースアップ終了です。
IC区間では少しだけ追い越し車線が現れるので、その間で稼ぎはしたものの、松山道に入って半分ほど進んだところで11:55分。
炎の里ちょい遅刻作戦は続行不可と判断して桜三里PAでろくろ体験の時間変更をお願いしました。
同時に炎の里でお昼を待ってくれているどーぱさん(M2ベース車種不明カスタムw)と今回の四国OFF幹事のMさん(S3)に、30分遅刻を連絡させてもらいました。

気を取り直して再出発。時間変更したのでここからは基本的にクルマの流れに乗って走り、追い越し区間は活用する決めパターンで走りました。
そろそろBuellのガソリンタンクも空腹気味。

今回の旅に合わせて用意したサインハウス製のデュアルオーディオBluetooth トランスミッタ BC-DAT01Mは、バイクからの電源供給と自動接続のおかげで手間いらず。ケータイのS001のBluetoothをN-COMに接続しながら、ナビの音声(案内と音楽)を利用できます。

あれ? そういえばちょっと音楽が聞こえにくい。
心なしかメットの「ふぉーーー」っていう風切り音も増えているような気がする。
この騒音はオーブン粘土製の自作ディフューザーで改善したはずなんだけど…。

あ、ないじゃん。
どこかで落としたみたいです^^;
確かに、薄さ優先で屋外用ではない両面テープを使って固定していたもんで、最近の暑さで固定が緩くなってはいたんだけどね。
うーーん、もう一回作るの面倒だな。まあ、無くしたらそれと気付くほど効果のある工作だったってことで、がんばってもう一個作るか^^;

松山ICで高速を降りてR33を南下するとほどなく炎の里に到着。待ってくれていたどーぱさん、Mさんと無事合流。
ろくろ予約のあるびんちゃんは慌ててそちらへ。
オレ達3人は徒歩で近くの定食屋さんでうどん食べました。

食後はびんちゃんと入れ替わりにオレが絵付け。
どーぱさんとMさんは、峠経由で会場へ向かいました。

絵付けはカウンターで好きな素材を選んで、それに自分で絵を付けることができます。
素材はかなりの種類があって、好きな人は選ぶだけでも楽しいです。
楽しいと言えば素材の見本に素人が描いたと思われるキャラクター系のものがたくさんあって可笑しいです。
ドラえもんっぽいなにかとか、キティちゃんっぽいなにかとか。

ひらめきました。
カッティングプロッターでマスキングテープを切り抜いて『痛砥部焼』作れそう。儲かるならがんばるかも。

絵付けのテーマは妻へのプレゼント。
感性に任せた植物とハートをモチーフにということまではすぐに決まって、スケッチも早々にできたんだけど、顔料を乗せる筆が使いにくくて、完全に失敗作に。

「え? もう終わり? 後ろ側真っ白ですやん」
「花瓶なんやから正面だけでええねん」
「ほな、書かなあかんことありますやん」
「もうええねん」
「でも、ここに『この壺は良い壺だ』って書かんと…」
「ええっちゅーねん」
「ほなら、名前書かんと。『マ』ってここに…」
「いや、コレ、花瓶やから! 壺ちゃうし! 自分、壺に絵付けしたったらえーやん!」

その後こぢんまりした工場見学。プロの絵付け師さんはお皿をサクサク回転させながら、しゅっしゅっしゅと綺麗に絵を入れていきます。

「しまったあ。先にコレ見てから絵付けするんやった…」
「見てからやってもあのぱっさぱさの筆じゃ、変わらんのちゃいます?」

「こういうのって、ここで自分で絵付けできるのに、わざわざ既製品買う意味ありますの?」
「え? だって気に入ったのあったら買うやん?」
「気に入ったヤツ覚えといて自分で描いたらええですやん」
「…自分、それ、クリエーターの自己否定やん。いいと思った人が付加価値としてデザインに代価を払うからデザイナーは成り立つんでしょ!」
「ああ、そうか。………でも、ワタシ、自分で描くわー」

水分を補給して宿を目指します。どーぱさん達と同じく峠コースも捨てがたかったんだけど、大人しく高速で宿に向かって温泉に浸かって汗を流したい気持ちの方が優先されました(笑)。

松山道を戻っていよ小松ICで降り、R11、R194と山を登っていきます。
登り口で前走車を追い越し倦ねていると、バックミラー越しに追走しているびんちゃんのさらに後ろに黒いHDの奴カウルがちらり。
アレは番長?すると、そのさらに後方にS3がちらり。
番長とコトウさんだわさ。
後ろに手を振ったりしつつ、本日の貴重なワインディングなので黄色い中央線が無くなったところで、クルマに道を譲ってもらってちょっと流させて頂きました。
しばらくすると待避エリアがあったのでバイクを寄せて後続を待ちました。
やっぱ番長とコトウさんで、久しぶりー!と挨拶を交わして一緒に宿へ向かいました。

道の駅木の香本日の宿、道の駅木の香の裏手の駐車場にはすでに20台くらいのBuellがお出迎え。
もちろんお馴染みの面々も笑って手を振ってます。

バイクを並べてひとしきり近況を話したりした後、お待ちかねの温泉へ。
露天風呂(ここの湯は温泉じゃないんだけどw)にメンバーが続々集まって、恒例の馬鹿話。

「今日そんなに暑い?」
「暑いでしょ?」
「そら、あんたはその分厚い冷却ジェルの中に本体が入ってるから暑ないやろけど」
「入ってないっちゅーねん」
「MIBにおったなー、そういうヤツ。ちっこい本体入ってるのw」
「その腹の段差のとこ、そこ、そっからAパーツとBパーツに分かれるはずや」
「そうそう。早くコアファイター出してよ。アムロでもええから。いや、むしろアムロ出して」

風呂の後は恒例の宴会。今回は飲み放題だし、宴会場も貸し切りなので何時まで使っても良いとの嬉しい待遇。
数年ぶりに九州のメンバーとも再会。
ちょうど誕生日だったオイラは新車のYZR500とむっさいおっさん30名による「ハッピーバースデー」の歌を頂きました。

いつものことながら、Buellって繋がりだけの年齢も職業も違う集まりで、雑談の内容もトラブル自慢からいろんな業界の話、子供や家族の話、ギークな話題(笑)などなど退屈しません。
今回不参加のメンバーなんかイイ肴です(笑)。
今回はバイク乗り全般に浸食している自転車(ロードバイク)の話をする人がかなり増えました。

いやー、しかし飲んだわー。

BMJも12年目、オレも含めて当時からのメンバーはもちろん、みんな歳取りました(笑)。
夜もかなり早めの1時半ごろには寝床に就きましたとさ。

 つづく。

Similar Posts:


8 Comments

  1. avatar
    MURO 7月 20, 2010 11:59 pm  返信

    別行動なのに、出発から話題の中心でしたw

    次回は是非、一緒に走りましょう~

    Tシャツ、評判イイッスよ♪

    • avatar
      Go-1 7月 21, 2010 9:53 am  返信

      S3 Tシャツお買い上げありがとうございます-。

      S2なのに(笑)。

      現地集合イベントで別行動でもだいたいの動きがわかるところが
      ネット社会の恩恵ですなー。

  2. avatar
    どーぱ 7月 20, 2010 11:50 pm  返信

    時間が有れば、今後の参考の為、ゆっくりS3拝見したかったのですが・・・。次回 宜しくお願いいたします。お疲れ様でした。

    • avatar
      Go-1 7月 21, 2010 9:49 am  返信

      昼飯お待たせして済みませんでした。

      S3、ホンマに部品取り?
      せっかくやから2台体制にしましょうよ。

      そういえば、入手したS3って、パニアついてるんでしたっけ?

  3. avatar
    lees 7月 20, 2010 11:11 pm  返信

    ワー
    寝坊してもうたわぁ~ど~しよー

    あ、行かな!

    ※起きた瞬間の心の動きです。

    申訳ありませんでした、、、

    • avatar
      Go-1 7月 21, 2010 9:24 am  返信

      うむ、苦しゅうない。

      遅刻のロスはネタとして回収したからいいですw

  4. avatar
    ヤマサ 7月 20, 2010 5:38 pm  返信

    お疲れ様でした。
    こちらもうどん2軒いって道の駅でアイス食べたら、もう風呂入ってさっぱりしたくて宿直行でした。

    • avatar
      Go-1 7月 21, 2010 9:22 am  返信

      やっぱ暑いと走行時間に限界があるよね-。
      今回は温泉でリフレッシュできたから良いけど。

      でも汗だくのウェアやメットを付け直すのは相当メゲる(笑)。

      水分補給に気をつけすぎて水っ腹でした。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です