Buga Boots Thermo を小加工

履き込んでみて再評価

コロンビア バガブーツ サーモ サーモ】の防寒性と履き心地など性能の良さは、履き込むにつれ評価が上がってきています。

バイクに乗らないときにも完全に普段履きとしても使ってるのですが、ホントにお気に入りです。
使い込んでみて気になるところなどを記しておきます。

1.ロングブーツなので、足首を下に向ける動作は苦手

当然なんだけど、バイクで言うとシフトアップのためにシフトペダルの下に爪先を潜り込ませる動作や、
クルマの運転だとアクセルを大きく踏み込む動作や、深くブレーキを踏む動作など、
足首から下だけを動かす抵抗が大きくなります。

この問題はシューレースを足首までのところで締めることで、大きく改善されます。
でも、ローカットシューズと同等というわけにはいきません。

2.ヒーターの熱はアウトソール側にも逃げる

最大の特徴であるインナーソールに内蔵されたヒーターの効果ですが、暖まってからの効果はなかなかのもの。
グリップヒーター並みの(温かい缶コーヒーを肌に当てているような)暖かさは無いんだけど、
しっかり保温されている感じです。

ただ、この熱は実はアウトソール側にも結構逃げていて、靴底のラバーに手を当てるとじんわり暖かいほど。
このため、じっと立っているとどんどん暖かくなるけど、歩いたりライディング中だったりとアウトソールが外気に曝されていると熱が奪われるようです。

3.充電は左右同時に!

当たり前だけど、左右同時に充電しないとヒーター使用時に片方だけ先にバッテリー切れになりますよね。

が、バッテリーがある程度消費した状態でないと、充電器に繋いでも充電が開始されないようでして、中途半端な消費だとさっさと充電終了してしまうのです。

この状態で使用すると左右の充電量がテレコになっちゃって、片方だけ先に使えなくなりました。

対策としては一度左右とも使い切ってから同時に充電し直しました。
当然バッテリーを使い切るとヒーターも動作状態を示すLEDも作動しなくなるので、両方をその状態になるまでバッテリーを使い切ってみました。

アウトドアシューズをライディングに合わせる

さて、ライディング時に話を絞ります。

シフトアップ時に操作しにくいということを繰り返し話していますが、理由は4つあります。

  1. ソール~爪先上部の厚みが大きい
  2. 足首が硬く、爪先をシフトペダルの下に送る動作がしにくい
  3. ステップに乗っかる部分のグリップが強すぎるため、足をステップ上で滑らせにくい
  4. 歩行時のグリップ力を上げるためソールが末広がりのハの字になっているため、ペダルに引っ掛かることがある

1.はどうしようもない部分でシフトペダルをシビアに調整しています。
ある程度解消されますが、AELLAのM型リンクステップセットはリンク同士の最適角度が結構ピンポイントなので、ハードウェアのシフトフィールを重視するか、ソフトウェアの操作フィールを重視するかと二択になってしまうので、妥協点を探すことになります。

2.、3.も基本的にどうしようもない部分です。2.に関してはいわゆるライディングブーツの中にも同様の製品があるくらいなので、バガブーツを履き込んでいくことでブーツも馴染んでくると思います。

コロンビア バガブーツ サーモさて、4.についてはちょっとした加工を施しました。

ご覧のようにアウトソールのブロックの一部が、ブーツの外側に向かって広がりながら張り出している部分があります。

爪先の内側のはみ出しブロックが、シフトアップ時にシフトペダルの下へ爪先を入れる際に、ペダルに引っ掛かることがあって、操作をやりにくくすることがあります。

コロンビア バガブーツ サーモシフト操作に影響する部分のはみ出しブロックを、思い切ってカッターでカットして、はみ出しを無くしました。

ゴムなので簡単に切れますが、抵抗は大きめなので何度か指を切りそうになりつつ。

コロンビア バガブーツ サーモ上から見るとこんな感じ。左の内側、爪先部分のみカット。

単純な対策だけどこれがかなり効果ありでした。

Similar Posts:


1 comment

  1. avatar
    たろ~@明石の黄色X1 12月 31, 2010 7:13 pm  返信

    なるほど、切っちゃたんですかw。
    ぷちカスタム化ですね?!

    この場でなんですが(^^;、
    来年も、いや?、来年はもっと宜しくお願いしますww。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください