Colombia Buga Boots Thermo

ウィンターツーリングの必殺技

今シーズンは猛暑過ぎて夏にあまり乗れなかったので、冬でもツーリングに行きたい病が疼いています。

これまでにもS3ロアカウルを付けたり、グリップウォーマーを付けたり冬支度してるんだけど、必殺技を導入しました。

元々の発想は、冬場にライディングブーツを履くことにこだわらなければ、もっと暖っかなブーツがあるんじゃないかなと思いついたこと。
で、アウトドアシューズにはウィンターブーツ(シューズ)ってのがあるし、その殆どが防水だし(バイク用は風圧が加算されるからさらに条件は厳しいけど)、-30℃対応とかってのはかなり使えるんじゃないの?

とはいえ、デザインがいかにも登山用とかってのはバイク用のウェアに合わないから勘弁して欲しいし、オレ自身がカッコイイ!と思ったものじゃないとダメ。

さらにソールが重要で、エンジニアブーツのような土踏まず~ヒールが垂直に段差が着いてるものは、ステップワークができないから却下。
爪先から土踏まず、踵にかけて、なだらかなアーチになってるものが好みです。

bugabootsそして見つけました!オレの希望にバッチリ沿うウィンターブーツを!

その名も サーモ )】
商品説明を引用すると

コロンビア (Columbia)の「メンズ バガブーツ サーモ (Men’s Bagaboot Thermo)」は、寒冷地での運動量の少ない滞在型アクティビティモデル。
アッパーに防水性のヌバックレザー+スエードレザー+高い防 水透湿機能を発揮する「オムニテック(OMNI-TECH)」素材を採用。
オムニテック(OMNI-TECH)」は、コロンビアのオリジナル防水透湿素材で、薄く軽量なポリエステルの多孔構造で、高い防水性を発揮します。
さらに、一体成型のラバーシェルは高い防水性とプロテクション性を確保しています。

ライニングは高い保温性のある「シンサレート (Thinsulate)」。

衝撃吸収性の高いフットベッド(インソール)と軽量でありながら高いクッション性を発揮する「テックライト (TECHLITE)」ソールを採用する事で、快適な履き心地が得られます。
テックライト(TECHLITE)」はインジェクションモールドEVA樹脂性のソールで、アウトドアシューズに必要なサポート性と高いクッション性による快適性を両立し、軽量で親水性も高く、洗浄も容易なためメンテナンス性にも 優れたソールです。

フットベッドは「AGION加工」が施されていますので、シルバーイオンによりバクテリアの繁殖や成長を抑えることで清潔な状態を保ち 消臭効果があります。

アウトソールは、コロンビアオリジナルのスティッキーラバーコンパウンド「オムニグリップ(OMNI-GRIP)」が採用されていま すので、ウェットやドライの状況を問わずに高いグリップ性、安定性、耐久性を発揮します。

どうです?結構、バイクに使えそうでしょ?

ちゅーことなんですが、これの肝は実はここ。

AC電源アダプターを用いた3ステップヒーティングシステムを採用した寒冷地対応のメンズウィンターブーツです。
3時間充電で約3〜 6時間のヒーター連続使用が可能で、サイドボタンにより温度を3段階に温度調整ができます。

どうやら、つま先にヒーターが入っているみたいです。

おお~。これ欲しい!

これはカッコイイ!何つってもカラーがASTカラー!(笑)。え? ジャイアンツカラー? いや、せめてH-Dカラーってことで(笑)。
ま、実際に着用すると踝までパンツの裾に隠れるので、ソールのオレンジがアクセントになると思います。
どうしてもブラックにオレンジや、ホワイトにレッドというカラーリングが好きすぎるので、そんなのばっかですけど(笑)。

で、調べてみると、ネット販売はごく少数しかヒットしないし、実際に購入した人のインプレとか殆ど皆無。

Colombiaのサイトで調べてみるも、バガブーツ サーモ自体は載ってるんだけど、どうもこのカラーは去年モデルなのか、日本未導入なのかのようですね。
うーん、でもこのカラーが欲しいな。っていうかこのカラーじゃないならいらない(笑)。

DAINESE TORQUE INメーカー希望小売価格は¥30,450-。
機能とデザインの良さを考慮してもライディングブーツとして考えるとちょっと高い。
ライディングブーツとしてはオレの中では最高の機能と履き心地を誇るDAINESEのTORQUE INでさえ、¥41,700- だったもんね。

普段履きにも履き倒しているPUMAの初期のライディングシューズも、かなりくたびれてきてるし、真冬にも普段履きできるデザインのブーツかシューズが欲しいところだしなー。

気になってから、何軒かのアウトドアショップを回ったみたけど、気候の比較的温暖な阪神では売ってないもんです。

ネットショップではいくつか取り扱いがあり、その中で最も安かったところで送料込み¥2,4360- でした。

elf エルフ/エヴォルツィオーネ01 ライディングシューズ その価格なら、最近気になっているもう1つのライディングシューズ、 elf エルフ/エヴォルツィオーネ01 が定価¥22,050- なので、バガブーツ サーモの機能とデザインを引き合いに比較すれば、バガブーツ サーモも十分価値ありだな、と考えました。

コロンビア バガブーツ サーモ早速問い合わせてみると、メーカー在庫確認後の発送と言うことで、商品が確保できるかどうかドキドキしたけど、注文から2週間ほどで手元に届きそうという返答で、予定通り到着しました。

手に取ってみるとそれなりに重さを感じます。充電式のバッテリーを内蔵しているのでその分の重量は当然あるのですが、実測で片側約830gでした。
この数値はDAINESEのTORQUE INより30g軽く、HONDAのWPツーリングブーツより200g重いということになります。

履き心地はいたって快適。重さは一切感じません。片側で200gも軽いはずのHONDAのWPツーリングブーツの方が重く感じるくらいです。

コロンビア バガブーツ サーモライディング向きかどうかを判断するために、ステップに足を乗せてみたところ、ステップに対しての相性もバッチリ。
土踏まずのアーチをステップバーに乗せていると全く滑りません。
ブレーキ側もペダルに対して滑らないし、踵や指の付け根をステップに乗せているときも適度な柔らかさを感じさせつつ、スリップする気配は皆無でした。

コロンビア バガブーツ サーモデザイン上、爪先はゴム製になっていて、シフトチェンジの際にもブーツ本体が痛みにくそう。
ただ、ソールが厚めなので若干シフトアップには慣れが求められそうです。

また、靴紐を一番上のループに通して結ぶと、足首を下に向ける動きがかなり阻害されます。
つまり、シフトアップのためにペダルに爪先を潜り込ませるには一番上のループを通さずに使用した方がいいです。
逆に言うとそうすることで驚くくらい普通にシフトアップができるし、ブーツの着脱も楽になります。

コロンビア バガブーツ サーモ着脱を楽にすると言えば、こんなアイテムも使っています。樹脂製のカラーのようなもので、チョウチョ結びはしなくても、締めると緩まないというもので、緩めるときには両端をつまんで弓なりに曲げながら引っ張る仕組みです。4個入り(2足分)で500円というお手頃価格。

暖かさも特筆もの。足を入れて3分ほどすると、シンサレートの影響かほのかに暖かくなってきます。
さすが-32℃対応と謳っているだけのことはあります。

コロンビア バガブーツ サーモ最大の特徴であるヒーター。
初期充電に3~4時間掛かると説明書に書いてあるのですが、実際には3時間ほどで充電完了しました。
充電は アキレス腱あたりにある防水コネクターに付属のACアダプターを差し込んで行います。
日本仕様のタイプと欧州仕様のタイプのコンセントアダプターも付属しています。
充電中はヒーターのスイッチに内蔵されているLEDが赤く点滅し、充電終了で点滅から点灯に変わりますが、自動的に充電終了にはならないようです。

さて、室内ですが実験開始。3シーズン用の普通のソックスでバガブーツ サーモを履いてみました。
充電を済ませてヒーターのスイッチを入れてみました。操作は踝外側にあるボタンを3秒以上長押しすることでメインスイッチON、その状態でメインボタンの隣のドット型のLEDは赤に点灯して温度調節は最高。そこからボタンを押すごとにLEDがオレンジの中、LEDが緑の低と切り替わります。
もちろん、左右連動なんて機能はないので、両足分の操作が必要です。パワーOFFは再度スイッチの長押しです。

ヒーターをONにして3分くらいでやっと爪先がほんのりと暖かくなってきました。 真冬にバイクに乗る人にはわかると思いますが、爪先の冷えは痛覚に近く、まさに我慢大会なのですが、たとえほんのりでも「決して冷たくはならない」というアドバンスは心強いです。

そのまま15分もすると、確実にヒーターが利いているのがわかるまで暖かくなってきました。ただし、グリップヒーターのように熱い缶コーヒーを押し当てているほどの温度には感じません。手のひらと足の爪先という温感の違いもあるんじゃないかな。

30分後。明らかに加温されている感覚のまま、暖かく感じるエリアが土踏まず近くまで広がってきました。
寒いからもっと温めたいと思うわけだけど、完全に「冷たく感じない」し、「暖かさ」は感じます。

ここで、片足の温度を最低に切り替えてみました。
すると、みるみる左右の足に感じる温度に差が広がります。一度暖まった状態からの比較ですが、最高にしたままの方はじんわり加温を続けていますが、最低にした方は保温になった感じといえばわかるでしょうか。
もちろん最低にした方も爪先が冷たくなることは皆無でした。

この冬はこのバガブーツ サーモヒートデーモンズ グリップヒーターで冬眠知らず、となることができるかな?

追記:実験直後にもう一度充電のためACアダプターに接続したのですが、左側のLEDが点灯しなくなりました。
左側は最初の充電時にも接触不良っぽい感じで、LEDが断続的に消えることがあったのですが、
2度目は完全に沈黙です。
現在、メーカーに返送して調べてもらっています。

コロンビア バガブーツ サーモ
Columbia(コロンビア) メンズ バガブーツサーモ

Columbia(コロンビア) メンズ バガブーツサーモ

Similar Posts:


4 Comments

  1. avatar
    EG@ 12月 18, 2010 12:51 pm  返信

    このブーツ、カッコいいですね。
    ちょっと真似したい衝動に駆られます(笑)

    それにしても、目の付け所がマニアックだなぁ~(^皿^)V

    • avatar
      Go-1 12月 18, 2010 1:11 pm  返信

      今日のツーリングにギリギリ間に合ったのでシェイクダウンしています~。

  2. avatar
    たろ~@明石の黄色X1 12月 11, 2010 4:55 pm  返信

    私はもっぱら、バイク用ではない、薄いボアの内張りのついたブーツと、下敷きタイプの足用カイロを愛用してますだ。

    うちのX1(アエラのレース用つき)のステップだと、若干、キツそうですが、コレ、仕事用に欲しいな〜、勿体ないけど…(^^ゞ。
    ‥あっ!?、あと目的地に、ついつい温泉とか入れちゃいますね。
    軽い夜走りも、最近は温泉いく事多めですし(笑)。

    • avatar
      Go-1 12月 12, 2010 2:44 pm  返信

      むむ。
      足先用カイロって、使ってみたことあるんだけど、
      どうもオレ様には不向きでした。

      ほら、足の裏部分の靴下がたくれてるような(笑)。
      気になって集中できませんでした。

      で、厚手の靴下履いちゃうと、窮屈だったりするしねえ。

      今シーズンはヒートテック系の靴下+バガサーモで乗り切る予定でごモンキー。

      温泉、いいですな!
      IS03に温泉&スーパー銭湯検索アプリ入れちゃいました(笑)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です