笑われた

昨日、旧友がウチに飲みに来まして、MotoGP、ブルノの録画を観ながら一杯やってたんだけどね。

その友人がいつもいつも子供たちと妻にケーキなんぞを手土産に持ってきてくれるんですよ。
オレの分も計算に入っていてるんだけど、今朝、笑里ちゃん(4歳)に、オレの取り分を譲ったときの話。

「笑里ちゃん、パパの分あげる」
「(ニコニコしながら、うんうん頷く)」
「あれ、なんて言うの?」
「フォークちょうだい」
「え? や、そうじゃなくて」
「フォークください?」
「ちがうでしょ、”パパの分”あげるねんで?」
「えー?(めっさ困る)」
「そやから、コレ、ほんまは”パパの分”やねんで?」
「フォークとってきてくださいー?」
「ありがとうでしょ!」
「(やっと正解がわかってパッと笑顔になって)ありがとーーや!!」
「そやな。はいどうぞ」

このやりとりを見ていた妻が爆笑。
オレも笑里ちゃんのカワイさとオモロさにほくそ笑んでたんだけど、妻のツボに入ったのは違ったみたい。
「だって、ごーくんが子供っぽい!(爆)」

いや、オレはあくまでも躾としてやな…。

Similar Posts:

    関連記事っぽいものはまだないのかも。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です