「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」観てきました

初めて肯定できるエヴァになった

「序」を観て「破」は別に観なくていいや、と思ってる人は劇場に行きたまえ(笑)。
あと、クリエイターは観ておきべき。間違いなくアニメーションによる表現の最先端的面白さは、すっごいインパクト。
使徒のデザインも完全に新作で、動きやギミックの表現もめっちゃ凝ってます。CG多用が、使徒の得体の知れない感や見たことない感を増幅して、本能的に不安な感覚を煽ります。めっちゃ新鮮でした。

最初に断言しておきますが、オレはエヴァ嫌いです。
何でかってーと、TV版から劇場版まで全て観はしましたが、お客さんに対してのあまりの上から目線、自己表現のための自己表現に終始していて、伝える方法を熟考することすら放棄して押してけるという作り方が、作り手の感覚として許せなかったんです。

さて、「破」です。今日は最寄りの映画館の割引デーだったので見に行く気になったわけです。

結論は冒頭のとおり。一言で言うとめっちゃ面白かったです。オレ、多分後何回かは劇場に見に行くと思います。

「序」は、基本的にヤシマ作戦がメインで、相変わらずのディテールの情報量の多さがカッコイイ、くらいの評価で、結局、TV版から続く[映像として斬新]というポイント以外は特筆することも無し。父としてほんの少しぽかぽか(これ流行るだろw)したセントラルドグマでのシンジくんとミサトさんのシーンは別として。
対して「破」は、完全にエヴァが新しくなりましたね。

一言感想で言うと、庵野秀明監督が歳食って良心が芽生えた(笑)。お客さんに喜んでもらえるように配慮できてます。

新キャラはあからさまにいわゆる萌え要素を押さえたキャラだし、下着姿のアスカの股間をあおるようなカットがあったり、そっち方面のお客さん向けのあざとい配慮は鼻につくけどね。

そんなことを差し引いてもシンジくんだけじゃなく、レイアスカミサトさん、果てはなんとゲンドウにまで、人間の温かみを加える表現がたくさんされていて、各所でグッと来ちゃいました。作り手視点から大嫌いだった庵野監督、イイ方向になったな、と思ったわけです。

この先はグッと来たところを書くので、ネタバレあり。
一応、物語の謎解き的なところは一切書きませんが、庵野監督の心変わりが嬉しかったシーンをいくつかピックアップします。
できればこの続きは劇場で観てから読んで下さいね。

血と心の通った主人公達

エヴァといえば、なんつっても綾波レイ。その設定故に感情がない彼女がゲンドウとシンジに対してだけ、ほんのわずかな感情を育むエピソードでファンを釘付けにしたわけですが、もっとも感情が成長した体が無くなると、あとは物語の道具で終わっちゃったんですよね。このあたりが良くも悪くも(もちろんオレの中では悪)鬱な物語だったのです。

ところが、「破」では、シンジとゲンドウの仲を取り持つために自分の手料理による会食を企画するという、大サプライズが!
しかも、ゲンドウにそれを提案して納得までさせる。そして、ゲンドウが承知すると微笑むんだよね。つまり、今回は、レイにはちゃんと感情が成長していて、意識せずに微笑むことができるし、周りの人間への思いやりの気持ちがある人間になってるのです。
手には練習による包丁傷を一杯付けて、シンジに「どうしたの?」と聞かれると「上手くできるようになるまで内緒」なんて、男子の心を鷲掴みにする「綾波レイ」らしからぬレイがすっごくイイ。

クライマックスはこれまたTV版からのお馴染みの台詞があるんだけど、シンジくんが間髪を入れずにそれを否定して、実に男の子らしい男の子になるシーンがあります。これも、今回のレイあればこそ説得力のあるシーンでしたよ。

そのシンジくんもウジウジしないキャラになってます。使徒化した参号機をダミーシステムによって自分の意志に関係なく「殲滅」しちゃった結果、パイロット(トウジじゃないんだこれが)があんな事になっちゃった結果なので、反ネルフ行為(ちゅーか子供の駄々)も、むしろ男の子らしい行動だと思うし。しかも、「料理が得意」という新必殺技を身につけています。重要な伏線でもあります。

そしてクライマックスでの驚愕の展開に向かうわけですよ。登場人物が何をしたかったのかがろくに説明されなかった旧劇場版のようなカオスじゃなく、シンジくんが自分の意志で明確な意思表示を、男らしく!

アスカもよかったです。最後まで自分の殻から出てらこれずに終わってしまったこれまでのアスカじゃありません。
シンジに対する自分の気持ちをちゃんと受け止め、レイやシンジのために思いやりを持って進んで行動し、人と関わりを持つことで広がっていく自分の価値観を発見して嬉しそうにミサトさんと話すところなんかも、見ていて嬉しかったですよ。

え、彼まで?! と嬉しくなったのは、ゲンドウ。レイに食事会に誘われ、当然拒否するんですが、レイに妻ユイをオーバーラップさせて、妻が父と息子の仲を取り持つというならと、感じちゃってOKするなんて、彼もまたこれまでの彼じゃないですね。
さらに、ちゃんと当日食事会に向っているシーンもあり、ここにも作り手の良心が見えました。
あとね、ちゃんと息子に説教するところもよかった。以前は突き放すだけだったから。まー、死んだ妻に会いたい一心で世界を破壊するような「男」だったんだから、父親じゃなかったのもそう言う設定だったわけですが。

こんな感じで端的に見ても、今回は庵野監督が、エヴァを通して自分のエゴを吐きだしただけで終わっていたこれまでとは180度変わって、ちゃんと人間を表現することに興味が遷っているように思います。愛情と言ってもいい。キャラクターに愛情を注ぐことで、この先の展開が悲劇的であったとしても、物語としてキャラクターは救われるんじゃないかという気持ちになります。
もちろん、こんないい人が死んじゃうなんて!というパターンはストーリー作りとしてはセオリー中のセオリーで今更なのは当然なんですが、今回はセオリーだからそうしたというようには見えず、ほんとにホッとする演出になってますから。ぽかぽか。
今の庵野秀明って人がリアルにそうしたいからそうしているなら、嬉しいな。

これって、もしかしたら、今まで激しく意見が違っていた友人と、心が通い合った瞬間に似た感覚かも。

あざとい見方をすれば、ここ最近の王道熱血表現がウケている業界の事情をリサーチした結果なかもしれない。
だとしても、あらゆるものが飽和状態の中で斜に構えたものやニッチに特化したもので差別化を図る時代は過ぎ去って、どんどんモノが創れなくなる中で、最小限だけど有効な機能が売りになるようなものが評価される現代では、マーケティング上の意味以上に必要な要素だと思う。

さて、あのキャラがどーとか謎があーとかキャーキャーいう歳じゃないので、若い子とはちょっと違った視点になっちゃいましたが、人間歳取ってくると、子供達に何かしてあげたいとか、困っている人を助けたいとか、知識としての道徳観じゃなくて、なんつーか衝動みたいなモノが突き上がってくるのです。オレの周りのクリエイターは最近ホントによくそんな話を一緒にします。「破」のスタッフも同じトコロに立っているとしたら、エールを送りたいと思います。

Similar Posts:


1 comment

  1. avatar
    Go-1 7月 2, 2009 3:54 pm  返信

    ファーストデイサービスに乗じて2回目観てきました(笑)。
    30日は会員価格で1300円、そして1日は1000円。
    さすがに一般で1000円の1日の最終(レイトショー)は、座席も半分は埋まってました。
    ヲタ系90%で、居心地は悪かったですが(爆)。

    ちなみに30日は50人くらいの人出で、彼氏または彼女が好きで付き合いできている風なカップルも多かったです。

    確かにファミリー向けじゃないけど、もっと一般の人に評価されてもイイ作品。
    だけに、ヲタオーラが強烈に一般の客足を遠ざけてるなー。
    それこそATフィールドか。

    あ、今ちょっと上手いこと言った(笑)。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です