冬支度その4

総走行距離:15,852Km

ロアフェアリング塗装

fairing-lower_repair_09.jpgいや、もはや暖かくなりつつもあるような今日この頃、冬支度もないようなというツッコミはさておき、ロアカウル装着派のオレとしては、先月からほったらかしになっているコイツの修理を再開しました。

FRP補修キットで割れていた右のロアカウルを補修したところまでで、仕事が休めなくなってしまったり、ぎっくり腰になったりで、遅々として進んでいなかったのですが、やっと腰も治ってきたようなので、恐る恐る着手。

下地にFRPプライマーをさっと塗って、シルバーを吹きました。Buellのビュレットシルバーには、DAYTONAのMC Painter、CB1キャンディーカラー用下地シルバー(極粗目)が超近似色で使えます。

慌てて塗ったので若干ムラになるも、この際気にしない。
捨てクリアを吹いて、ウレタンクリアーでコーティングしました。

この後、裏側を黒で塗るのですが、ウレタンクリアが乾くのにはかな~~~りの時間が必要なので、これまた数日は放置決定です(笑)。

例によって青空ペイントになったわけですが、冬場の作業は気温も低いし日が落ちるのも早いし、ホントに気が急くなあ。
さらに、休日はパパ的家事があるので、ますます時間がない。時間を有効利用するために、スプレー吹いて乾かす間に、ずーーーと等閑になっていたクランクケースの磨きを並行作業。これもやり出すと止まんなくて、シフトリンケージを外してまで磨いちゃいました。

fairing-lower_repair_02.jpg次の休みには裏側にブラックを吹いて、取り付けまで行けるでしょう、きっと。

その時には一工夫した右ロアカウルの取り付けも紹介できるはず。
ま、結果はいくらか走ってからじゃないとわからないんだけどね。

Similar Posts:


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください