ハンドルロックライトVer.2

ハンドルロックライトをバージョンアップ

ハンドルロックキーライトS3のハンドルロックはステアリングヘッドパイプの右側にあります。
この位置は目立ちにくいのでセキュリティ上はイイのですが、フロントカウルに囲われているので、夜間などはキーホール周辺が真っ暗で、結構手探りになります。

そんなハンドルロックの不便さを解消すべく、以前取り付けていたのがこれ。
エーモンのLEDです。

取付時の記事はこちら

この仕様でも明るさ的には特に不満はなかったんだけど、フロントカウルの内側からキーホールを照らしていたので、ロックにアクセスする際に手でキーホールが影になってしまうため、照明で位置を確認した後はちょっとカン頼みで操作する必要がありました。

そこで今回はフレーム側からキーホールを照らそうという考えです。

ハンドルロックLEDライトLEDも一新します。 2W ボタン型ネジ式 LEDバルブを購入しました。
上海問屋で¥700-ぐらいのもの。

ボディはアルミ製のようです。質感が高くてそそります。組んだら隠れて本体は見えなくなるんだけど(笑)。

ハンドルロックLEDライト明るさは十分。直視できないぐらいの明るさです。
キーホールから少し離れた位置から照らすので、なるべく広角に明るく照らしてくれそうなものを物色しました。

ハンドルロックLEDライトボルト式になっているので取付に応用が利きそうです。

ヘッドパイプに繋がっている上側のフレームを利用して取り付けます。

ステーとして試用したのはコレ。
フロントフォークにウィンカーなどを設置する際に使用するステーです。

ハンドルロックLEDライトステーのLED本体と干渉する部分をグラインダーで削りました。

ハンドルロックLEDライト削った部分を軽く整えて、耐熱ブラックでペイント。
何でここに耐熱ブラック? かというと、じゃじゃーーん。

小型化焼付乾燥機「小型焼付乾燥機」~。

小型ながら焼き付け塗装に対応する乾燥機で、通常の塗装乾燥もお手の物。
色々と活用の予定ありですが、今回はテストを兼ねて使ってみました。

まあ、要するに少し大きなオーブントースターです(笑)。

ハンドルロックLEDライト焼き上がったので組み付けます。

フレームにホームセンターで調達したチューブ状のゴムを噛ませて防振します。

写真は塗装前ですね。

ハンドルロックLEDライトくるっと回して最もあんばいの良い位置に固定。

キーホールを真っ直ぐ照らすことはできませんが、爆光気味のLEDのおかげで明るさは十分実用的になりました。

まあ、こんな見えないところに何凝ってるんだって話だけど(笑)。

ちなみに、S3の復活準備はジワジワと進行中です。
フロントフォークのオイルシールとフォークオイルの交換、S3入手時からごまかしてきた、ロッカーカバーガスケットからのオイルの吹き抜け修理のため部品を調達中です。

 

Similar Posts:


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です