白いレザージャケットのクリーニング

真っ白いレザージャケットを自宅で洗濯

HYOD HSL714N SIVAの肩口や腕のあたりの皺に沿って、排ガス汚れが目に付いてきました。レザーの部分はクリーナーで落とせたのですが、問題はテキスタイルのメッシュの部分。

業務用の洗剤で洗ってみる

workwear-washer.jpg

とにかくテキスタイルの部分を洗ってみることにしよう。

使ったのは愛用の業務用の洗剤です。汚れたウエスや作業着にしているジーンズが汚れるとコイツで洗います。

まずは、バケツに風呂の残り湯を汲んで、洗剤を溶かし、汚れている部分だけを浸けてもみ洗いしました。
この段階で、少し汚れは落ちたんだけどね。
気にならなくなるほどにはなりませんでした。

次に思い切って洗濯機に放り込みました。

ジッパー類を閉じて、洗濯ネットに入れて過剰にもみくちゃにならないように留意します。

風呂の残り湯を入れて洗濯機の設定を「もみ洗い」にしました。

あとは同じ洗剤をがばっと入れてスイッチオンです。

KUSHITANI  リキッドソープで2度洗い

ex-liquidsoap.jpg

洗い終わってジャケットの汚れを確認すると、すっきりキレイに!

しかし、ここで喜んではいけません。なんせ革を洗濯機で洗っちゃったんだから。

で、KUSHITANIのExplorer リキッドソープで洗い直します。
リキッドソープは、カントリージーンズユーザー必携の専用洗剤なのです。

2度洗いも風呂の残り湯です。これはリキッドソープの使い方に則って。

一旦、お湯とリキッドソープのみで1分ほど洗濯機を回してしっかり攪拌します。
その後、洗濯ネットに入れたジャケットを漬け込んで、空気を抜いてしっかり浸します。
そのまま30分放置。

その後、同じくもみ洗い設定で洗濯しました。

hyod-siva-wash_0907_02.jpg

最後に防水スプレーをたっぷりかけて乾かせば完了。特にテキスタイルのメッシュ部分には重点的に処理しました。
防水スプレーは、革への水の浸透防止と、メッシュ素材への汚れの付着を防ぐ目的で、後者に重点を置いています。

左の写真が最も汚れていた部分。
新品同様といってもイイくらいの仕上がりです!

Similar Posts:


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です