HYOD HSP702

hyod_hsl714_siva.jpg今日の大阪の最高気温は28.3度だったそうですが。
先日導入したハイブリッドパンツHSP702のインプレです。

走ったのは、お昼前に自宅を出て裏六甲一帯~西六甲~宝塚経由で箕面にあるD-STORE OSAKAまで。帰りは14時30分ごろにお店を出て171~176~中国池田IC~中国道~山陽道~三木東IC~自宅というコースです。

オレの出で立ちはご覧の通り。ジャケットにはSIVAを羽織り、グローブはBATESの3シーズン、ブーツはHONDAの防水ショート。インナーにはユニクロのドライシリーズのロンT&ボクサーブリーフです。

走り出してすぐに、パンツの風の抜けに感激。下腹から大腿部のanapsyというメッシュもさることながら、ブーツとインナーで覆われていないふくらはぎから膝にかけて、パンチングレザーを通り抜けてきた風がキモチイイです!

だけどもペースを上げてワインディングを走ると、右に左に膝を開いたり閉じたりするので、パンチングメッシュ加工で熱が籠もらない分、膝が冷却されるのも早いです。

逆にペースが上がっても市街地では、ニーグリップが必要だし、信号や渋滞で停止するしで熱的にはだんだん辛くなってきます。

反対に同じニーグリップ状態でも高速道路は風がよく抜けて快適です。

この暑さで革パンツをはいて2時間走っても、下半身はさらっとしてるメリットは大きいなー。

但し、膝カップの当たる部分だけは、蒸れます(笑)。

上半身の方もユニクロ大活躍で、SIVAを買った帰りに感じた、発汗による肘~上腕の張り付きは全くなくなりました。ジャケットを脱ぐときも腕がするっと抜けてびっくり。スゴイぞユニクロ。夏用の膝下までのアンダーウェアを出して下さいね。

Similar Posts:


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です