HYODスポーツデニム HYD502N

hyd502_01.jpg久々のウェアネタです。

HYODスポーツデニム を購入しました。実はもう既に1ヶ月ほど履いています。
新品の写真よりもちょっと履き込んだ写真の方が参考になるかと思って、ブログ書くのを寝かせてるウチに忙しくって記事にできてませんでした(笑)。

さて、オレのポリシーとして、バイクに乗るときは安全性と運動性を優先して基本的に革しか履かないことにしてました。言うまでもなく、革は転倒時の体へのダメージの軽減には絶大なるアドバンテージがあります。オレ自身が何度も身をもって経験している事実だし、MotoGPにおいても革に変わる新素材がメインにはならないことからも、その安全性が証明されているわけです。

countryjeans_00で、バイク通勤に愛用していたのがKUSHITANIカントリージーンズ。しかしながら既に10年選手で、1度染め直ししてもらったものの、今は一見素材がなんなのかわかんないような、染める前の状態にまで戻ってしまってます(笑)。

左裾もブレーキ操作で擦り切れてますけど。

革もちょっとガサ付いてきてしまってます。10年も履けばこんなモンなのかな。
ただ、いい味が出てるし、体に馴染んでいるので、まだまだ手放せそうにはないですね。

暖かくなったら裾の修理とメンテナンスをしてやろう。

ex-417rカントリージーンズを新調しようかな、などと企んで、チェックしてみると、R」なるものが出てるんですねー。「R」は「Ride」だそうです。うーん、バイクを降りたときのさりげなさはカントリージーンズが上回ってるんだけど、「R」のライディングパターンってのがいいなー。

でも、この時期買うならウィンター仕様のものが欲しいなーと。

mfp1371愛用パンツのもう1本は、Max FritzMFP-1294
極薄ホースハイド極薄中綿シンサレートというウィンターパンツ。裾にはウインドストッパーが付いているから、防風性は抜群。

2月の神戸~大阪間の高速通勤でも、十分使用できるほどの防寒性があったので重宝していました。
暖房の効いている室内では汗ばむくらい。

ところが、去年のTRXでの事故の時にも着ていたので、傷が入ってしまっているし、所々破れてもいるのです。
パンツのダメージだけならまだまだ履くんだけど、購入時より痩せたので履くとパンツが余ってカッコ悪い。コレとパンツのダメージが重なって最近出番が減少しているのでした。

左の写真はたぶん同じ型の牛革版です。

前置き長いな(笑)。

hyd502_03で。先月のサイクルワールドのナイトセールで、HYD502Nが20%OFFになってました。残り1本で、サイズはばっちりの32inch。膝の低反発プロテクターも最後の1個。もう、買うしか(笑)。

この502Nは、ウィンター仕様となってます。デニムの裏側からアクリルコーティングされていて、複雑に組み合わされた2種類の裏地と合わせて意外なほど暖かいのです。

実際にバイクに乗ってみると、しっとりとつぶれるパッドがニーグリップを心地よくさせてくれます。デニムのシートに対する滑りも思ったより大丈夫。裏地が付いていることでの表地とのずれも全くなく快適です。
かなり長目の裾も、バイクに乗ってる状態だとちょうどいいカンジ。膝を開いてもどこも突っ張らないし。

hyd502_04デザインもいいです。
左右に付いたコインポケットもちょっと深めで入り口が広めと実用的だし、外側にメーカー名を表示するタグが無くて、赤いタブの一部を見せているだけ。

hyd502_05を主張するのはヒップに付いたラバーのプリントだけってのがいいです。

サイドのステッチは腰の下あたりで無くなっていくデザインになっています。

左の写真からもこのジーンズがライディング向けに特殊な裁断になっていることがわかると思います。

ポケットの位置や浅めの股上といったデザインは今風。10年オチのカントリージーンズが野暮ったく見えるのは否めない(笑)。

子供達にも脚が長く見えるとかスリムに見えると好評でした。

hyd502_06.jpgイマイチだったのが、膝のパッドの位置。

プロテクターのポケットに三角形の縫い取りがあって、パッドの切り欠きがそこで引っかかって固定する方式です。パッドの上下を入れ替えることで、2段階のポジションが設定できるようになってるんだけど、オレにはどっちも「過ぎる」位置。
パッドに切り込み加工を入れてベストの位置にセットしました。真ん中のフラップに入っている切り込みがそれです。

そのままだと脱ぎ履きの時に若干パッドが動いてしまうことがあったので、ベルクロを追加して固定しています。
もう一点悩みの種なのが、裾の長さ。バイクに乗った状態ではいいカンジなんだけど、乗ってないときにはかなり長目なのです。
バイクで出かけて、降りてからスマートに決めたいところもあるので2~3cm裾上げしたいんだけど…。

ちなみに、裾上げはどの店で買っても、最初の1回はHYODに送ると無料でやってくれます。オレはもうちょっと履き込んでから裾上げしようと、まだ買ったまんまです。

Similar Posts:


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です