インマニシール交換

総走行距離:12,965Km

インポート・マニホールド・)交換

 

inmani_081019_01.jpgやっとインマニシール(ガスケット)交換できました^^;

交換手順は後回しにして、インマニガスケットがどんな状態だったかというと、そりゃもう、ひどいモンでしたよ。

左の写真はリアバンク側。先日のメンテ時にエア吸ってるのを確認したのもリアバンクです。

ボロボロのネトネトでした。
コレを取るのにスクレイパーなども使う羽目になるほど。

inmani_081019_02.jpgフロントバンク側は、リアバンクほど見た目は酷くなかったし、エアも吸ってなかったけど、やっぱネトネトでした。
こっちも剥がすのに苦労しました。

さて、順を追って説明しましょう。

intakegaskets-set_01.jpgまず、今回使用したのはJames Gasketsという会社の”&Seal Kit,40mm Intake“という製品で、1989~2004モデルのSportster、EVO、TWIN-CAM用となっています。品番はJGI-27002-89-K
ヤフオクで買いました。1,280円で、エアクリーナーOリング、インマニシール、インマニ-キャブシール、キャブ-バックプレートガスケットが3種類、エアクリーナープラグがセットになっています。

intakegaskets-set_02.jpgEVOモデルBuellのエアBOXは、キャブとの連結にガスケットが大量に挟まってます(笑)。シュノーケルとスペーサーの間に1枚、スペーサーとエアBOXの間に1枚、エアBOXとキャブの固定金具(なんて言うのか知ってる人、教えて下さい^^;)の間に1枚、その金具とキャブ本体の間に1枚。合計4枚ものガスケットが必要なんですね-。

そこで、今回は同じショップでガスケットとキャブ固定ボルトのセットを追加購入しました。420円です。

ま、ぶっちゃけボルトは必要なかったんだけど、ガスケット1枚売るのもどうなのってコトでのセット売りだろうし、いざちょうどいいサイズのインチボルトを探すとなると苦労しそうだから、まるっと購入で問題ないです。

breatherbolt-old_01.jpgさて、キャブを外すとなるとやっかいなのが、リアバンクのヘッドブリーザーボルト。ご覧のような形状で、このままでは回すことができません。しかも、固定用のボルトにアクセスするのも大問題があって、フレームとシリンダーの隙間が狭くて、通常ではボルトが回せないんです。
特にサンダーストームヘッドはシリンダーヘッドが一回り大きいので手強いですぜ。

オレは、極薄の安物スパナを曲げて使っていましたが、今回はついでに定番の対策を行うことにしました。

breatherbolt-new_02.jpgハーレー用に星の数ほど出ているブリーザーキットの中から、ボルトにまっすぐアクセスできて、ホースの取り出し口は90度上向き、しかもできるだけ安価なものという条件で探すと、1,000円で2個セット、ホース類一切なしというものを見つけました。速攻で購入。

部品代だけで3,000円くらいかかった計算です。まあ、ブリーザーボルトも1個は使わないし、ガスケットキットの中のエアクリプラグとかOリングとか、キャブ固定ボルトとかも使わないから、単純に言ってもっと安いんだけどね。

いよいよ気合いが必要なキャブの取り外しに掛かりましょう。

まずはエアBOXをまるっと取り外します。そうするとキャブにアクセスできますが、キャブ固定金具を外すためにリアバンクのブリーザーボルトを緩めます。固定金具が外れたら、諸々のケーブルをフリーにしてキャブを揺するようにして外します。

inmani-wrench_01.jpgを外すのは、知恵の輪みたいです。
まず、キャブ側のマウントフランジボルトを緩めるんだけど、ここは専用工具を用意しないとどうしようもないところ。インテークマニホールドレンチのボール側を使って慎重に緩めていきます。

ご覧のように専用工具でもスペースはギリギリ。しかも抜け出てきたボルトの頭がインマニに当たってしまうので、ますますドツボですよ。

inmani_081019_04.jpgフロントバンク側のボルトの六角の角度が悪くて四苦八苦。レンチをねじ込んでひねったときにインマニを凹ませてしまいました(涙)。ま、エアの通路には影響ないからいいや。

前後とも緩めたら(抜けないのでムリしない)、今度は左サイドのフランジボルトを緩めます。

intakegaskets-set_03.jpg左サイドのボルトは、先のマニホールドレンチではかえって角度が悪くて使えません。ショップなどでは六角レンチのショート側をさらに短く加工して使ってたりします。今回は、ソケットビットとメガネレンチを組み合わせて使ってみました。コレの効果は絶大で、あんなに悩んだこのボルトの取り外しがあっけなく完了。

左サイドのフランジボルトが抜けたら、マニホールドをにじりにじり動かして右サイドのボルトをさらに緩めます。手で回るので抜け出してくるボルトの遊びを作るのです。そんなんこんなでマニホールドが外れました。

インマニシールは先述の通りぐっちゃぐちゃ。「うえぇ~~~」といいつつ剥がしてクリーナーとペーパーで綺麗にしました。

breatherbolt-old_02.jpgリアバンクのブリーザーボルトに戻りましょう。これ、回らない=外せないので邪魔になるパイプの取り出しを切り取っちゃいました。もう使わないし(笑)。
コレで心置きなくくるくる回して外すことができました。
雷電一世号からの課題だったので、なんかすっごくすっきりした気分w

breatherbolt-new_01.jpgそんでもって新しいヘッドブリーザーボルトに交換。こんな見た目です~。

ちょっとワッシャーがでかいよな。でもかんたんにアクセスできるようになったから、後日交換で全然OKっす。
あと、クロームメッキってのも、微妙だ。

後は逆順で組み付けるだけです。
エンジン始動してインマニ付近にパーツクリーナーしゅーしても全然大丈夫でした!
取り外しに苦労するインマニだけど、対策が見つかるともう怖くないモンね!

Similar Posts:


2 Comments

  1. avatar
    Go-1 10月 19, 2008 11:12 pm  返信

    >びんちゃん

    ブリーザー、1個使ってないからあげますw
    あ、若干、ホースジョイント部分の径が細いから
    タイラップで止めてます。

    インマニシール、ガスケット買うついでに安かったので、
    セット購入しちゃいました。

    使わせてもらう予定だったアレは、使わずにすんだからご返却します-。

    この次合うのは大門?
    (いけるかなー。微妙…)

  2. avatar
    びん 10月 19, 2008 10:38 pm  返信

    あっしもそのブリーザージョイント(?)欲しいっす!
    詳細キボン!!

    で、前に預けたインマニシールは使わなかったのね?
    また今度ご返却くだされ...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください