メーターダッシュの整理とかゆいところに手を

総走行距離:12,401Km

メーターダッシュにLEDインジケーターを埋め込む

HIDの設置にともなって配線を引き直している内にいろいろと整理したくなってきました。

 

security-01.jpgで、セキュリティをインストールしてるんだけど、そのインジケーターをメーターダッシュに貼り付けて使ってました。メインキーの右下にあるのがそうです。
これ、見た目のダサさ以上に素人インストールくさいので何とかしたいなーとは思ってました。そこで、昨日ホームセンターで工具を見ている内にめちゃ工作したくなってきたので、そのモチベーションをこのめんどくさい作業につなげてみました(笑)。

普通に組むだけでは面白くないので、他にも以前からいつかやりたいと思っていたコトを実行したので合わせて紹介します。

meter-dash_02.jpg思い切ってメーターダッシュに穴を開けてしまいましたよ。セキュリティに付属していたLEDのインジケーターは赤色なんですが、メーターダッシュがごちゃごちゃするのがイヤなので(もう一個の工作は目立つ処理になる)、インジケーター消灯時にはなるべく目立たず、なおかつ作動中はばっちり目立つようにしたいところ。

で、LEDのサイズはこれまで同様の5mmで消灯時は乳白色、点灯時は赤。拡散レンズ仕様で点灯時にはこれまで以上に目立つものを選びました。キーシリンダーとタコメーターと時計に囲まれたところにあるのが新しいインジケーターです。

もう一つはメーターの右側にある大きな青いスイッチ。これが今回「かゆいところに手が届く」処理です。
なんのスイッチかというと、ハンドルロックのキーシリンダー周りを照らす照明のスイッチなのです。
S3のハンドルロックはメインキーとは離れていて、ヘッドパイプにダイレクトに設置されています。ここ、夜にバイクを止めた後、ハンドルロックをしようとすると真っ暗で何も見えず、手探りになってしまって、シリンダーの周りをキーで傷付けてしまいがち。オレは100円ショップでよく売っている扉の鍵穴用の蓄光シールを貼っています。盛り上がっているので手探りでキーの位置を把握するのに役立ちますが、もともと真っ暗な位置にあるので蓄光は効果なし(笑)。

 

handlekey-led_01.jpgそこで、ハイ、この通り。
カー用品店で売っている防水のLED照明をカウルの内側に面ファスナーで取り付けました。
配線はキーを抜いていても使えないと意味がないので、常時通電するところから引いています。そうすると、今度は消し忘れによるバッテリー上がりが心配なので、照明ONでスイッチ自体が青く光るやや大型のスイッチを付けたわけです。これだけ目立てば消し忘れないでしょう(笑)。

S3乗りにしかわからない小技でした。

Similar Posts:


5 Comments

  1. avatar
    muro 9月 10, 2008 12:24 am  返信

    着々と、GO1さん仕様に進化してますね~

    見ていて思いだしたのが、S3純正の時計。

    昨年秋、ヤフオクにて入手するも、未装着。

    いざとなると
    メーターダッシュに穴を開ける度胸が無くて(笑)

  2. avatar
    Go-1 9月 8, 2008 11:31 pm  返信

    うーん、オレも見てたんだけど、
    ちょっと高いなーと…(笑)

  3. avatar
    Go-1 9月 8, 2008 6:18 am  返信

    ハンドルロック照明、便利です。
    ただ、駐車中にいたずらされたらバッテリーあがる?
    LEDやから長時間じゃなければ大丈夫やと思うけどw

  4. avatar
    にしむら 9月 8, 2008 12:11 am  返信

    ほっほ?ぉ、さすがはお師匠さんだ!

    この技、覚えとこ(笑)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください