N-COMとau S001とデュアルオーディオトランスミッタ

N-COMとBluetooth機器のペアリング設定

とケータイau デュアルオーディオトランスミッタをペアリングするに当たって、オレ自身が悩んだ設定の解決方法をメモ代わりに残しておきます。

不具合の症状としては、

  1. ケータイの着信時にN-COMで着信のコールはあるけど、HFP(ハンズフリー)が上手く働かず、会話を開始するためにN-COMの[ONボタン]を押しても会話ができない
  2. BC-DAT01Mの起動時にオートコネクト機能が上手く働かず、BC-DAT01Mの[1ボタン]をクリックして一度接続を解除し、再度[1ボタン]をクリックして再接続する必要がある

結論から言うと、S001のBluetooth設定が間違っていました
でもこれ、取り説にも詳しく書いていないのですごくわかりにくいのです。

正しい設定は

  1. S001  >ワイヤレス機器選択>OFF(スピーカー/イヤホン)
  2. [#キー]長押し または Bluetooth >接続待ち開始/停止>開始

とする必要があります。

何がわかりにくいのかというと、1.のワイヤレス機器選択画面で機器のリストに、

  • 01 OFF(スピーカー/イヤホン)
  • 02 N-com BT2.0 **[HFP][A2DP]

と表示されるので、普通の判断力を持つ人ならN-comを選択してしまいます。
ところがそうすると前述の不具合が起こります。その際S001の画面上にはBluetooth+♪マークのピクト(アイコン)が表示されます(つまりオーディオ用のプロファイルであるA2DP優先になっている)が、OFFを選択して正しく設定するとBluetoothのピクトのみが表示されます。

これで正常にN-COMが動作します。各操作は下記の通りです。

  • N-COM 電話を受ける:[ONボタン]クリック
  • 電話を切る:[ONボタン]2秒押し
  • 音楽再接続:[▲ボタン]2秒押し

上記のようにケータイで会話を開始するとん-COMがA2DP(音楽接続)を一旦切ってしまうので、音楽を再接続する必要があります。

このように正しく接続できると、BC-DAT01Mのオートコネクトが正常に作動するので、以後は一切BC-DAT01Mに触れることなく、バイクのイグニッションONで自動的にN-COMと接続されるようになります。

ただ、起動順序はあまり融通が利かないようです。
一旦バイクを離れるなどS001とN-COMの接続が途切れると、N-COMの電源が先に入っている状態でS001のBluetooth接続待ち(検索)を行っても接続できません。
S001が接続待ちの状態で、N-COMの電源を入れると自動的に再接続してくれます。
その後でBC-DAT01M(A2DP)接続を起動するとこちらも自動的に再接続になりました。

Similar Posts:


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です