NOLAN N43Air バージョンアップ?

内装が風化!!

ま、確かにちょいちょい試乗には使っていたけど、ほぼ2年間放置になっていた愛用のNOLAN N43Air。
でもね、ヘルメットデオドライザーで乾燥&消臭してたし、そもそもガレージ自体がエアコンで一定の温度湿度にしてあるし、シールドや曇り止めシートは交換してあるしと、手入れは怠っていなかった。

のに。

メット被ると髪になんか砂みたいなのが着いてるような…。

あ、マジか!?

NOLAN N43 AIR 内装風化

内装風化

なんと、内装が砂のように風化しました。

えーーー。

5年前のSHOEIやAraiを引っ張り出してきてもこうはならないけど、イタリアンである事を侮っていました。

はい、で、取り急ぎ国内に在庫がありそうな内装を急遽注文。
SCOUTのシートやバッグ(まだ来てないけど)に併せてブラウンのレザー調パーツがあしらわれている方にしました。

NOLAN N43 AIR 新内装

NOLAN N43 AIR 新内装

ところが、国内の代理店になったDAYTONAでは、Sサイズは取り扱ってないと来た。
しかも、取り寄せてもくれないと。
なんでそんなことするかな。

仕方なくひとまずMサイズを購入。
まあ、買った直後はクッションも硬めなので暫くはガマンするか…。
すぐにブカブカになるけどね…。

NOLAN N43 AIR 新内装

NOLAN N43 AIR 新内装

ブラウンのレザー調パーツがあしらわれているのは、2箇所です。

まずは額の部分。

NOLAN N43 AIR 新内装

NOLAN N43 AIR 新内装

それとネック周り。

まあ、どちらも高級感のあるタイプではなく、きっと昔ながらの外国製ヘルメットに多いペリペリと剥がれてくるヤツだと思います(笑)。

この期に及んでインカムをバージョンアップ

N-COM Basic Kit2

ドッキングカバー

はい、まだまだN43Air使います(笑)。

国内で取り扱われているN43は、頭頂部のでっかいベンチレーションとN-COM用のドッキング部分がありません。
オレ的にはこの二つがツボなのです。

このN-COM、最新型はB5というタイプで、流行の他社のインカムともペアリングできる機能が付いています。
でも、N43は最新のB5は互換性無し。
ここで諦めていれば買い替えなかったんだけど、N43に対応するB3というのが追加されてて、これには他社インカムとのペアリングか可能と書いてありました。

B+COMも持ってるので、これとペアリングできればタンデムで使えるじゃないか!

使えるのかな?

NOLAN-N-COM B3_160115_002

N-COM B3 パッケージ

早速、海外から取り寄せてみました。
価格は送料込みで25,000円。まあ、こんなもんかと。

メーカー欠品だったとかで、2015年11月26日に注文して2016年1月14日に届きました。


新旧の比較をしてみましょう。

まずは本体。

これまでは、ヘルメット内部に埋め込むドッキング部分とバッテリーなどがセットされたBasic Kit2と、コントローラー部分に相当するBluetooth Kit2という2商品を組み合わせて使っていたのですが、今回購入したB3という商品は従来のBasic Kit部分とBluetooth Kit部分がフルセットになっています。
以降は旧セットとB3として記載しますね。

NOLAN-N-COM B3_160115_003

N-COM B3とBasic Kit2との本体比較

まずはコントローラー部分。
上が旧キット、下がB3です。

あ、パース付いてますけど、当然両方同じサイズで、同じ輪郭です。

旧キットはボタン類が本体外周より凹んでいます。
薄手のグローブだと、この凹みに沿ってボタンを探れるので都合がいいのですが、冬用グローブだと非常に探りにくいんです。

B3は▼▲ボタンが本体より凸になってるので、まずはこのボタンの位置が冬用グローブでもわかりやすいため、その間にあるメインボタンも両サイドのボタンの間(凹み)として確認できます。

NOLAN-N-COM B3_160115_008

N-COM Basic Kit2

次にメットの中に装着するBasic Kitに相当する部分。

旧キットには外部機器を有線で接続できるジャックがあります。
これを使用してN-COM同士を有線接続してタンデムで利用することや、Bluetooth非搭載機器を有線接続する事が想定されてます。

NOLAN-N-COM B3_160115_009

N-COM B3

B3では、今時のMicro USB端子に変わりました。

USBでPCに接続してファームウェアの更新などが行えます。

バッテリーとスピーカーに繋がるコードの接続部分も強化されています。

NOLAN-N-COM B3_160115_006

N-COM B3とBasic Kit2とのバッテリーユニット比較

バッテリーユニットも微妙に形が変わっています。
バッテリーの銘柄は変わってるけど、3.7V 800mmAと性能は同じです。

NOLAN-N-COM B3_160115_010

NOLAN N43 Air + N-COM B3

N43 Airへのインストールはサクッとできました。

USBドライバのインストールには苦労したけど^^;

ファームウェアも最新にアップデートできました。

B3にはFMも付いてます。
アンテナ感度はめっちゃ悪いので、走行中に使えるのか疑問w
さっそくスマホとペアリング。
TORQUE G-01とは難なく接続できました。

続いてウォークマンとも接続OK。
ただし、この時はスマホのA2PD(音楽用プロファイル)はウォークマンに切り替わります。
つまり、通話以外はインカムと接続されてないので、スマホのアプリの音声はナビもミュージックプレイヤーも聞こえなくなります。
実用的にはやっぱりスマホで通話も音楽も聞けるように接続することになると思います。

いよいよB3導入のメインイベント、 213と接続してみます。

何度かやっているウチに何とか接続できました!

ただし、これはどこの製品もそうなんですが、他メイカーのインカムと接続するにはインカム専用チャンネルではなく、電話用のチャンネルを使います。
だからといってスマホを併用できない訳でも無くて、ちゃんと両方同時に使用できました。

また、スマホに専用アプリを入れておけば、3ボタンの長押しやら同時押しやらを複雑に組み合わせて行う本体の操作をスマホから操作ができるので便利。

余っちゃった旧いN-COMどうするかなー。

Similar Posts:


2 Comments

  1. avatar
    ゆき 7月 9, 2017 6:27 pm  返信

    B3の情報を集めていて辿り着きました。
    初めまして!
    N43Air愛用者です!

    友人のB+comと繋ぎたいのですがうまくいかず困っております。

    マニュアルみてそのとおりにやっているつもりなのですが・・・

    可能であれば、具体的な操作等を教えていただけないでしょうか?

    • avatar
      Go-1 9月 5, 2017 2:02 pm  返信

      ゆきさん、初めまして。

      最近チェックしてなくて返信が遅れてすみません!
      もう解決したでしょうか?

      オレもB+COMとは何度かやり直して繫がった感じです。
      ちなみに取説はP21の【14. “UNIVERSAL INTERCOM”】と
      P24の操作表【Setteing】部分の【Pairing up mode】
      及び
      【‘Rider-Passenger’ or‘Universal Intercom’ intercom pair up】
      を参照してやりました。

      上手く繋がるといいですね。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です