パニアケースマウント、バンパーの改良

総走行距離:20,502Km

機能しないバンパーの改良

bumper_01.jpg

ナローケースに交換すると、何故か左ケースがバンパーから浮いてしまいました。

バンパーってのは、車体側のリアフェンダーの裏あたりから生えているもので、ボルトの頭にゴムブッシュが着いていて、パニアケースの揺れを押さえるためのパーツです。

本来は、バンパー本体(ナットになっている)を回して長さを調節し、ロックナットで留めるのですが、もうこれ以上は長くできません。

つーか錆サビじゃん。

そこで改良を加えます。

部品を揃える

bumper_04.jpg

まずは部品を調達しました。

ロングナット(W 1/4*285)×2 ¥20-/1個
全ネジ(W 1/4*20mm)×1 ¥90-
全ネジカット加工 ¥40-

 

材料はホームセンターで揃えて、全ネジは30mmの長さにカットして貰いました。
このカットした部品は、実際に使ってみると20~25mmでもよかったです。

組み立て

bumper_03.jpg

完成です。

結果的にネジ部分の露出が殆ど無くなったので、振動対策にも一役買うかもしれません。

Similar Posts:


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です