SCOUT絶賛慣らし中

総走行距離:574Km
今回の燃費:17.3Km/L

ウィンドシールド

SCOUTがやってきてから2週間。
土日が雨だったので、ツーリングには行けず、専ら通勤で慣らし中。

純正ウインドスクリーン トール納車から遅れること1週間で、車体と同時に発注していたウィンドシールドが届きました。
純正ではショート、ミディアム、トールと3種類の高さがラインナップにあり、ディーラーさんの情報でトールじゃないと全然風除けにならないってことで、トールを注文してたのでした。

まあ、デカいです!
正直カッコ悪い! コンパクトなSCOUTの魅力が台無しです^^;

純正ウインドスクリーン トールとはいえ、せっかくなので使ってみます。

1週間ほど通勤の渋滞ありの市街地と高速道路でのインプレとしては、「無いよりマシ」。

横幅が狭いので、普通に脇には風が当たるし、その風が胸まで巻き上がってくるので、大きめのシールドに交換したS3のようにすっぽりと風を躱すという性能は皆無です。
後述のポジションのせいもあって、視線はちょうどスクリーンのすぐ上から前方を見渡す感じ。
っちゅー事は顔には風が当たるわけですね。

なので、風切り音も殆ど減少していません…。

ミニボード

さて、気になるポジション。

SCOUTはフォワードコントロールなので、足を前に投げ出すスタイルで乗ることになります。
フォアコンって言ってもVRODみたいに足が伸びきるほど遠いわけでも無く、車体がコンパクトなこともあってペグに足を載せてブレーキを踏んでも、膝には全然余裕があります。

ただ、フットウェアは選びます。
膝が伸びきったりはしないんだけど、ブレーキ側はヒールのあるブーツだと、そのヒール部分をペグに引っかけるようにしてブレーキ操作をしがち。
この場合、足の親指の腹あたりでブレーキペダルを踏むことになり、親指が反ることで踏む力が逃げてしまいます。

力が逃げないようにするには足の母指球で踏みたいわけで、そうするとペグにヒールを載せて踏むことになります。

これ、今度は丸いペグに載せたヒールが不安定に。

ブーツのヒール形状この悩みはどんなバイクに乗ってもあることで、S3もTRXもそれ以外のバイクに乗る時も、基本的にヒールのあるブーツは使わない(使えない)ようにして、ヒールとソール全体の段差が無いものか極浅いものを選んでました。
奥のKADOYA製BROWN ANKLEが段差の浅いモデル、手前のAVIREX TIGERがヒールのあるタイプ。

だけど、せっかくのクルーザータイプ。
スポーツバイクに乗る時のようなファッションばかりじゃ無くて、アメカジのまんまでも乗りたいと思うもの。
スタジャンにスニーカーやダブルのライダースにミリタリーブーツとか。

Kuryakyn(クリアキン) Kinetic(キネティック) プレミアム ミニボードで、実はSCOUTを買う前から、買ったらあーしよう、こーしようと思っていたプランのひとつに、ミニフットボードがありました。

HDのツーリングモデルのような野暮ったいボードでは無く、ミニマムなヤツ。

入手したのはこれです。
【Kuryakyn(クリアキン) Kinetic(キネティック) プレミアム ミニボード】。

Kuryakyn(クリアキン) Kinetic(キネティック) プレミアム ミニボードこれ、思惑通り。
もうね、好きな足の位置でブレーキが踏めます(笑)。
しかもこのミニボードは取付位置を3段階に変更できるので、一番手前にセットすることでライディングポジションの違和感も解消してくれました。

ポジションの違和感というのは、つまり、SCOUTって椅子に腰掛けるようにお尻の後方に体重を預けて乗ると、どうも上手く操れない。
背筋を伸ばして丹田に重心を置くようにすると、すごくしっくりと操れる。
要はオフロードバイクを楽に走らせている時のようなイメージ。

Kuryakyn(クリアキン) Kinetic(キネティック) プレミアム ミニボードただし、それでいて下半身はフォアコン(笑)。

ボードになって7cmほど後ろに足を置けて、尚且つペグに土踏まずや母指球やましてや踵(笑)を載せるピンポイントの荷重じゃなく、足の裏全体がぺたりと載っかってる安心感との相乗効果で、この下半身の違和感がキレイに解消されました。

ただ、これ、HD用のパーツなので取付にはSCOUT専用のフィッティングが必要。
実はそのフィッティングが入荷未定なので元のキットの取付部を少し加工して誤魔化して着けてます。

シフトフィーリング

この装備で数日走ったんだけど、シフトフィールはイマイチ。

シフトペダルの高さを色々と変えてみてるんだけど、どうもペダルの角度だけが原因じゃないみたいな気がする。
時々2速からシフトアップできなかったり、ギア抜けしたり。

シフトロッドが長すぎてフィーリング悪いのかなぁ。

慣らしが進めば解消されてくものなのかな。

今回は、天満あたりから梅田経由の新御堂を抜ける、15分以上、3キロぐらいに渡る渋滞ありの通勤を3回含んでます。
168lm走行ぐらいでフューエルランプが点灯して、176kmほど走って給油しました。

17.31km/Lと、前回よりかなり悪化。

渋滞あるとこんなモンかな?

Similar Posts:


2 Comments

  1. avatar
    にしむら 11月 13, 2015 1:24 pm  返信

    渋滞込みでそれは立派違いますか?

    • avatar
      Go-1 11月 13, 2015 2:01 pm  返信

      そうなんだろね。
      Buellが燃費よすぎて、20km/L切った事なんて記憶に無いから、ボーダーラインが高すぎるのかもね(笑)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です