シートアンダートレイの雨対策

総走行距離:20,384Km

S3 Thunderboltのシートアンダートレイの防水対策を強化

以前にもS3のシートアンダートレイに雨対策をしたんだけど、その後にも浸水がありました。
今回は徹底して対策を強化しました。

seat-underwp_04まずは浸水の最も大きな原因であるシートカウルの下側の穴を塞ぎます。
シートカウルの裏側から、ゴムシートを貼りました。

seat-underwp_03.jpg次に、アンダートレイの縁を同じようにゴムシートでぐるりと覆います。

トレイの外側から内側へとゴムシートを回しています。
こうやってゴムシートを立てて、シートカウルとの間に挟み込んで浸水を防ごうという目論みです。

seat-underwp_01.jpg上の写真の矢印の部分、フレームの下側とアンダートレイの隙間も、左の写真のようにウレタンスポンジでマスクしています。

これだけやっても、シートとシートカウルの隙間から浸水することは確実。
この対策は後日、隙間テープでも貼ろうかと思ってます。

seat-underwp_05.jpg組み付けるとこんな感じです。

シートカウル側のアンダートレイへのアクセス部分の縁に、縁ゴム付けるってのもありかも。

Similar Posts:


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です