車検¥20,160なり

総走行距離:16,527Km

雷電二世号 1回目の車検

shakenhyo21.jpg雷電二世号の車検です。例によってお金もないのでユーザー車検です。結論から言うとタイトルの通り激安で済ませることができました。

さて、バイクに乗るようになってこの方、ショップに車検をお願いした記憶がない(笑)。まー、ずっと貧乏だからね。とはいうものの、継続的に乗っていても2年に1回だし、ほとんどその都度手続きが変わってるので、毎回もやっとしながら陸運局に向かうのでした。

前日までにネットで車検の予約を取ります。コレはフォームが用意してあるので超簡単です。
用意するものとして次のものが案内されています。

  1. 車検証
  2. 自賠責保険証
  3. 納税証明書
  4. 点検記録簿

など。
点検記録簿は車検後検査がOKになっているので、なくても問題ないです。
納税証明書も今回は中古車購入一回目の車検で、4月前なので不要でした。

受付時間に陸運支局へ行って、必要書類と各種料金を支払います。
まずは用紙代が¥60。同じ窓口で自賠責に加入で¥13,400。隣の窓口で検査代¥1,700と重量税¥5,000を支払って収入印紙を貼ってもらいます。

驚きの料金¥20,160! 自賠責が前回¥20,240と書いてあるので、¥6,840も下がってます。

shaken090316.jpg用紙に必要事項を記入したら二輪専用の検査ラインへ。業者が4台順番待ち。見てるとエキパイにセンサー突っ込んで排ガス検査してます。が、オレは無しでした。新車登録だけ?かと思ったけど中古車登録と思われるNinjaも計測してたので、業者だけなんでしょうかね?

目の前のヘリテイジがヘッドライトでOUTになってるのを見て、しょっちゅう光軸をいじってるS3の光軸検査に一抹の不安が…。

ちなみに、S3のノーマルじゃないところは

  • ヘッドライトバルブの安物HID化
  • 電圧計の追加
  • ZeroGravity製ロングスクリーン

ぐらいです。

いよいよオレの順番。検査官の兄ちゃんに逐一操作を教えてもらいながらラインへ進みます。
スピードメーターの検査で、40km/hちょうどでフットスイッチを離そうとタイミングを計ってると、スイッチのラグで掲示板に×印! 再トライで早めに足を離すとOKでした。
まあ、そんなゲームっぽい反射神経は求められへんわなー(笑)。

続いてブレーキ。これは雷電一世号のユーザー車検の時に、リアブレーキが弱くて×になり、思いっきり踏み直してOKになったことがあったので、思いっきり踏んでみました。
…×。 で、今度は体重をかけて踏み込んでみて…すっきりOKに。
懸念の光軸テストも一発OKで、待ち時間入れても40分くらいで終わっちゃいました。

shakenhyo23.jpgこれでまた2年間乗れるわけで、帰りはうきうきして六甲経由で遠回りして帰って来ちゃいました。

Similar Posts:


2 Comments

  1. avatar
    Go-1 3月 18, 2009 7:32 am  返信

    おお、もちろん!

    S3のヘッドライトは手回しで気軽に光軸調整できるから、
    しょっちゅういじってるウチに適正角度に不安があったんやけどね。
    いがいとさらっとOKでしたぜ。

    ETCもウィンカーポジションもホットグリップも電圧計も
    ロングスクリーンもついてるけど、もちろんお咎め無しっす!(笑)

    あ、車幅は測られます。ディープ幅じゃなくてハンドル幅やけど(爆)

  2. avatar
    びん 3月 18, 2009 3:52 am  返信

    え~ちなみにヘッドランプはHID仕様で検査受けた?

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です