Z-6巻き込み対策とピンロックシート


z-6_06昨日のチョイノリで気になったZ-6の顎下からの風の巻き込み対策に、X-11用のチンガードを装着して通勤してみました。

結果から言うと効果バッチリ全くと言っていいほど気にならなくなりました

で、今度は各ベンチレーションの検証をば。
まず、全閉状態からエアロスタビライザー部のベンチのみをオープンにすると、「ふぉー」という小さな音とともに、ほのかに空気の流れを感じる程度。
続いて前頭部の左右2カ所のベンチをオープンにすると、さっきより若干大きな音で風が抜けていくのを感じます。
最後に特徴的なロアベンチをオープンにすると、「すおーー」という音とともに、シールド内と口元にエアが入ってきます。ロアベンチは確かにシールドの曇り除去には効果絶大でした。

z-6_0c先週を購入した時には、オプション類は何にも入荷してなかったんだけど、今日はZ-6用のが店頭にあったので、迷わず購入。

早速、取り付けて走ってみました。
いやあ、Araiのダブルレンズと比べてダメダメだった、シートの縁がちょうど視線の上に来るという最低の問題が解決!
しかも、左右にも格段に広くなっているので、意識的にアイポートの左右の縁へ視線をやらないと、ピンロックシートの縁が一切視界に入らないのがいいです。
もちろん、Araiのダブルレンズはアイポート全周が二重なので、完璧なんですけど。

全閉時にアイポートの縁ゴムに密着する新機構のシールドのおかげで、縁ゴムも柔らかめで折り返しが付いていて、雨の進入も効果的に防いでくれそうです。

ただし、ピンロックシートを取り付けてそのまま組み付けると、シールドと縁ゴムの間にわずかな隙間ができるようで、80km/hほど出すと、「しゅー」という小さな音がしました。音は小さいし、RR-4では常に鳴ってるようなものなんだけど、その類のノイズが一切しなかっただけに余計に気になっちゃいます。
シールドベースの調整をしてみるとしっかり解消されました。

Similar Posts:


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です