SOLAM DC46W 故障

総走行距離:39,741Km

DC46W点灯せず

4月に取り付けたSOLAM DC46Wですが、点灯しなくなっちゃいました。
スイッチオンで、バーナーにパチパチと火(って、電気だけどねw)が飛ぶモノの、点灯せずに5秒ほどでパチパチも止まっちゃう、という症状でした。

故障までの期間は3ヶ月、距離にして約6,000km。
6,000円の激安HIDが2年半持ったことを考えると、信頼性を考慮して30,000円以上投資したのは失敗だったこと自分を呪います。

とはいえ、そこはそれ。1年間の保証期間があるので、販売元のサインハウスに問い合わせをしてみないことには。
ところが、サイトから問い合わせをしようとすると、メールでの問い合わせの中止、電話のみで受け付けとあります。
しかも電話はフリーダイアルでもないし。

うーん、仕事中に私用で電話掛けたくないし、土日はサインハウスも休みだろうし。

困ったので、購入したバイクブロスに、仲介して貰えないかメールで相談したところ、非常に迅速に対応してくれまして、バイクブロスを通じてサインハウスから電話を貰いました。

症状とこちらでテスターを当てて調査した結果を伝え、サインハウスの担当さん曰く、おそらくはバーナーの不良ではないかという予測となり、何はともあれ現品を調査しますと言うことで着払いでサインハウスに帰省していただきました。

19日(木)に発送して20日(金)に先方に届き、23日(月)には「商品のチェックが終わって 、バラストの不良を確認しました。本日バラストを新品交換して発送しました」と電話がありました。
実質、1営業日での対応だし、電話応対もよかったですよ。

SOLAM DC46W H4M 修理さて、こちらが新品交換になったバラスト。
報告書が着いていました。

バラスト内部の電子部品が劣化していたため、グロー放電からアーク放電へ移行しなくなっていたようで、部品の劣化の原因は不明とのこと。
なので、今回は取付時に保険を掛けて衝撃吸収用のクッションを挟んでみることにしました。

組み込み直しに際して、ヘッドライトステー内の配線を徹底的に整理しました。

あまり余裕はないので、S3 ThunderboltにSOLAMを取り付ける予定がある人は、バルブが小型化されているH4MSタイプの方をお奨めします。 

はい、無事点灯。
購入したバイクブロスも、販売元のサインハウスも対応には満足。
あとは、SOLAMそのものの耐久性が不安かな。
保証期間があって、今回のように迅速に対応して貰えたとしても、壊れている間はノーマルのハロゲンで手探りのような山陽道を走らなきゃ行けないわけで、やっぱ壊れないのが一番です。 

Similar Posts:


2 Comments

  1. avatar
    たろ~@X1 7月 27, 2012 4:53 pm  返信

    壊れる原因に、値段ってあまり意味が無いとしたら、それはちょっと哀しいですね(^。^;)。

    商品、とりわけ外車もそうですが、
    保証って言葉ほど、深く胸に響きます(笑)。

    • avatar
      Go-1 7月 28, 2012 9:41 am  返信

      使い捨て感覚で安いもの買うか、保証代込みと思ってそれなりのものを買うかですね-。
      まあ、正直、6000円の中華HIDで2年半はもったわけで、コスパで行くと、それで十分でしょう。

      今回はディマー回路とDC方式の安定感が欲しくて、保証付きならいっちょ買ってみるかってな感じの購入でしたので。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です