TOKYO キャノンボール

総走行距離:28,164Km
本日の走行距離:1,269Km
今回の燃費:23.00Km/L

一路東京へ

猛威を奮った夏がやっと過ぎ、短いツーリングシーズンになりました。
Buellに乗りたくてウズウズしているところに、東京のバイクカフェ「バイクハーバー ホットチョコカフェ」で、mixi XB系Buellのコミュの夜会が行われると聞きつけました。お店のオーナーのellieさんはXB乗りでもあり、お店はXB系Buell乗りの憩いの場になっているそうです。

いつもはXB系のイベントには遠慮しているXL(EVO)系乗りのオレ様ですが、今回は2つの理由で参加しようと思いました。

一つ目は、オレの将来の夢であるバイクガレージ+カフェを中心としたコミュニティがそこにあると言うこと。きっと色々参考になると思うのです。

二つ目はHDJ(ハーレー・ダビッドソン・ジャパン)社の元Buellブランド統括であり、実際にXBシリーズの開発現場に大きく携わった野口さんがゲスト参加されると言うこと。

野口さんとは何度かお会いしてお話しさせてもらったこともあるし、仕事である以上にBuellにのめり込んでいる人なのですが、その彼が突然HDJを退職されたと聞いて、できることなら本人から直接何があったのか聞きたいし、これまでのお礼を言いたいなと思ったのでした。

で、H.I.B.のスライドショーDVDを制作して手渡すために一路東京へ。

長距離高速道路の旅のパッキング

自宅のある三木市から、ホットチョコカフェのある東京品川まではざっと600kmほどあり、その殆どは高速道路。

まずは準備に気を遣ってみました。

天気予報は決して芳しくなく、いつも通り雨具は必須。
ラフ&ロードのレインウェア+グローブと、HONDAのWPツーリングブーツがワンセットです。

パニアケース ディープ普通はブーツカバーを持って行くもんなのですが、オレは雨の中を走る際に、操作感覚が変わるのが凄く気になってしまうタイプでして、オーバーグローブもイライラしちゃって使えないのです。
ブーツも同じで、ブーツカバー越しのワシャっとしたシフト感覚や、靴底の変わる感触が生理的に受け付けないのです。

S3のディープケースの偉いところは、片側にブーツとレインウェアとバスタオルとレザージャケットのインナーがすっぽり入って、お土産用のスペースも余裕で確保できるところ。

レインウェア一式を最もアクセスしやすい左のパニアに納めました。

右のパニアには、2日分の着替えと予備のコンタクトやめがね、洗面用具。着替えの中にはバイクを降りて街の中へもいけるようにジーンズも入れています。といってもHYODのスポーツデニムですけど(笑)。

同じくバイクを離れて歩く用にショルダーバッグも右パニアが指定席です。バッグ内にはNote PC、ハンカチやティッシュなど。

ラージテールバッグそしてリアシート上にはBuell純正のM2/S3用のラージテールバッグ。
これはフルフェイスが1個すっぽり入る大きさのバッグで、側面に3カ所ポケットが付いています。
重くなってしまう工具類をパニアに入れるとバランスが悪くなるし、ケースに負荷も大きいので、工具の指定席はこのシートバッグです。

Buellでのロングツーリングに工具は必要不可欠で、車載工具(つってもそれが入るスペースは車体にはないんだけど^^;)を積んでいるんじゃなくて、自分でセレクトしたものをセットしています。

特にインチサイズの工具は普通のバイク屋さんでさえ揃ってないことが多いので、絶対に外せません。
オレはインチ/ミリ共用で使える工夫がされているレンチ類のセットと、ハンドルまわりとサスペンション、パニアケースの金具などに対応したヘックスやトルクスをセットにしています。

更にS3のヒューズの予備を一式と、自分で付け足した電装類の予備ヒューズ、補修用の配線コード、パンク修理剤、針金、強力布テープ、おまけにエンジンオイルを1本。エンジンオイルは万一に備えて、オイルの異常消費対策です。

これらの工具類をバッグの底の方に敷き詰めます。
その上に盗難防止用のワイヤーロック、ディスクロック、ウィンターグローブ、レーシンググローブ(コーディネイト上、メインでは使いませんが、疲れた時にはこの方が楽です)、ウェストバッグがここに入ります。

ウェストバッグは、サービスエリアなどちょっとバイクを離れる時に財布やケータイ、ティッシュを携行するのに使います。
まあ、ダサいという意見も承知だけど、ここんところは機能重視です。

更に更にシートバッグの上蓋にある外ポケットにはハンドタオルとネックウォーマーを収納しました。

よく使う順にアクセスしやすいところにパッキングするわけですね。
アクセスしやすい順は、テールバッグ、左パニア、右パニアです。

ウェアは悩んだ挙げ句Tシャツ+アームカバー、HYODのID-JAC(パンチングじゃない)、HYODのレザーパンツにしました。
上下HYODはファスナーでジョイントできるので長距離ツーリングには欠かせなくなっています。
繋いでおくと、防寒になるだけでなく、ライディングフォームを維持するのが楽になるのです。

メットも高速長距離ってことで、エアマネジメントに優れているSHOEI Z6と、オープンフェイス+チンガード+サンバイザーと汎用性が高いNOLAN N43 Airとで悩んだけど、インカムの音質を重視してN43 Airにしました。
なんつっても退屈な高速を6時間以上走るんだから、音楽がないとあっという間に寝ちゃうでしょ。

つづくよ!

Similar Posts:


8 Comments

  1. avatar
    ヤマサ 10月 20, 2010 9:21 pm  返信

    あー、行きたかった。

    そのうちBuellで行かなければ。

    • avatar
      Go-1 10月 21, 2010 12:58 am  返信

      場所は覚えた!

      ナビが。

  2. avatar
    lees 10月 19, 2010 10:04 pm  返信

    お疲れさんでしたね~
    HIBがちゃんとエリックの手元に届いてたのが私も嬉しいです。
    野口さんには今後もBuellと絡んだ活動を期待してます。

    先日のCCMでさえ手首痛に陥る私は到底御供できる距離ではありません、、、w

    • avatar
      Go-1 10月 20, 2010 8:14 am  返信

      フォトブックの件は後日談が全くなかったので、情報があってホントに良かったです。
      H.I.B.のHPの更新もしなくちゃ、と思いつつ、HTMLエディターが64bit非対応のしか手元になくて、フリーソフト物色中ですw

      手首痛はBuellのせいじゃなさそうだから、医者に診てもらった方がいいんじゃないの?

      オレは今回辛かったところは殆ど無くて、膝~ステップのポジションがイマイチってことぐらいでした。
      ハンドル微妙にアップはかなり効果ありました。

  3. avatar
    ばとる 10月 19, 2010 9:14 pm  返信

    いやー盛りだくさんの東京行だったんですね(^^)
    S3の積載量に驚愕です。

    あのソラマメ、貴重なものだったんですね~。
    遠くから来ていただいたのでもっとあれこれお持ち帰りして欲しかったんですが、喜んでいただけたようで安心です。

    EVOもXBも、これからもユーザー側からいろいろと盛り上げていきましょう!

    • avatar
      Go-1 10月 19, 2010 9:40 pm  返信

      荷物って積めると思うと、ついあった方が良さそうなモノをいっぱい詰めちゃうんだよね。

      でも、積んでる安心感はあるんだよねー(笑)。

      ソラマメはホントに不思議と愛着がわく質感で、再び手にできてひじょーーに感激しています。

      また集まりましょう~。

  4. avatar
    こぼん 10月 19, 2010 6:50 pm  返信

    娘・・・超かわいい!

    感想それだけですが・・・なにか?w

    • avatar
      Go-1 10月 19, 2010 9:35 pm  返信

      かわいいやろー。
      目の中に入れても痛いけど我慢できるわー(笑)。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です